「東北大学」タグの記事一覧

異業種企業52社と認知症対策で連携/ヘルスケア&ファイナンスに掲載

ヘルスケア&ファイナンス5月号

ヘルスケア&ファイナンス5月号に「スマート・エイジング学際重点研究センター」の記事が掲載されました。

ヘルスケア&ファイナンス5月号記事より抜粋

東北大学は4月1日付で認知症の超早期二次予防、一次予防の確立をめざす世界初の研究組織「スマート・エイジング学際重点研究センター」を創設した。認知症による経済的損失は医療費・介護費など年間14.5兆円に上ると試算されるなか、国内外の研究者と連携し、認知症予防対策に取り組む。

また、同大学が運営し、異業種企業52社が参加する「東北大学スマート・エイジング・カレッジ東京」を通じて、研究成果を企業に還元し、産学連携による商品・サービス開発、人材育成を推進していく。

続きを読む »

認知症予防の確立目指す世界初の研究組織/保険毎日に掲載

保険毎日新聞 4月10日

保険毎日新聞に「スマート・エイジング学際重点研究センター」創設の記事が掲載されました。

保険毎日新聞記事より抜粋

国立大学法人東北大学は4月1日、認知症の超早期2次予防・1次予防の確立を目指す世界初の研究組織「スマート・エイジング学際重点研究センター」を創設した。同センターは、国内外の研究者と連携し、東北大学の総力を挙げて、スマート・エイジング実現に挑戦するための学際研究拠点となる。

また、東北大学が運営し、異業種企業52社が参加する「東北大学スマート・エイジング・カレッジ東京」(SAC東京)を通じて、その研究成果を企業に還元し、産学連携による認知症ゼロ社会実現のための商品・サービスの開発、必要な人材育成を推進する。

続きを読む »

認知症の超早期予防へ 研究センター創立/シルバー産業新聞に掲載

シルバー産業新聞 4月10日号

シルバー産業新聞に「スマート・エイジング学際重点研究センター」創設の記事が掲載されました。

シルバー産業新聞記事より抜粋

東北大学は4月1日、認知症にならないための「一次予防」と、30~40代など早い段階から対応する「超早期二次予防」の確立を目指す。センター長には同大学の川島隆太教授が就任した。

続きを読む »

「スマート・エイジング学際重点研究センター」に期待

世界初の組織「SA学際重点研究センター」にメディアも注目

3月28日東北大学が発表した同センター創設に各界から期待が寄せられています。

NHK総合テレビ仙台、日刊工業新聞、日経産業新聞、JCAST等メディアでも取り上げていただきました。
 

続きを読む »

第3期講師情報

講師一覧(講義日程順)

川島隆太 教授
sact_lecturer01_kawashima加齢医学研究所長
スマート・エイジング学際重点研究センター長
専門:脳機能イメージング、認知科学
担当:
コースⅠ:スマート・エイジング概論、脳科学を応用して新産業を創成する
コースⅡ:脳科学を応用して新産業を創成する2

 

中尾光之 教授
情報科学研究科副研究科長
専門:バイオモデリング論、睡眠科学、神経科学
担当: コースⅠ:バイオモデリングによる健康支援産業の可能性

 

 

坂井信之 教授
sact_lecturer20_sakai.jpg文学研究科
専門:心理学・認知神経科学(食行動・健康・購買行動)
担当:コースⅡ:消費者はどのようにしておいしさを感じているのか?

 

 

田中真美 教授
医工学研究科
専門:医療福祉工学、バイオメカトロニクス
担当:コースⅡ:触覚・触感に基づくQOLテクノロジーの創出

 

 

荒井啓行 教授
sact_lecturer15_arai.jpg加齢医学研究所 脳科学部門 老年医学分野教授
東北大学病院老年科長
専門:内科学、老年医学、認知症
担当:コースⅡ:認知症克服のための脳科学研究

 

 

瀧靖之 教授
sact_lecturer02_taki加齢医学研究所 機能画像医学研究分野
東北メディカル・メガバンク機構
専門:画像診断、画像医学、脳発達・加齢
担当:コースⅠ:生涯健康脳の維持

 

都築毅 准教授
sact_lecturer14_tuzuki.jpg農学研究科
生物産業創成科学専攻 食品機能健康科学講座 食品化学分野
専門:食品機能学、栄養化学、健康科学、予防医学
担当:コースⅡ:和食は長寿食!? ~伝統的日本食のすすめ~

 

阿部恒之 教授
sact_lecturer06_abe文学研究科
専門:心理学(感情・ストレス・化粧・災害)
担当:コースⅠ:美しさと加齢

 

 

吉澤誠 教授
sact_lecturer13_yoshizawa.jpgサイバーサイエンスセンター 先端情報技術研究部
専門:サイバー医療、生体制御工学
担当:コースⅡ:カメラによる健康センシング~身体映像からの生体情報抽出~

 

 

永富良一 教授
sact_lecturer05_nagatomi医工学研究科副研究科長
創生応用医学研究センタースポーツ医科学コアセンター長
専門:健康科学・体力科学・スポーツ科学・免疫学
担当:コースⅠ:健康は測れるか?

 

 

菊池雅彦 教授
大学院歯学研究科
専門:高齢者歯科学、補綴歯科学、総合歯科学
担当:コースⅡ:健やかな老後は口の健康から

 

 

小笠原 康悦 教授
sact_lecturer07_ogasawara加齢医学研究所 生体防御学分野
専門:免疫学、微生物学、歯学
担当:コースⅠ:免疫機能を活用して健康支援産業を創出する

 

 

村田裕之 特任教授
sact_lecturer11_murataスマート・エイジング学際重点研究センター
加齢医学研究所
専門:シニアビジネス、加齢社会学、国際比較論
担当:
コースⅠ:スマート・エイジング・ビジネス
コースⅡ:スマート・エイジング・ビジネス2

 

鈴木岩弓  総長特命教授
教養教育院
専門:宗教民俗学・死生学
担当:コースⅡ:日本人の死生観 過去・現在・未来

 

 

 

本橋 ほづみ 教授
sact_lecturer07_motohashi.jpg加齢医学研究所 副所長
加齢制御研究部門 遺伝子発現制御分野
専門:生化学・分子生物学
担当:コースⅠ:酸化ストレス防御と健康

 

 

齋藤忠夫 教授
sact_lecturer19_saito.jpg農学研究科 生物産業創成科学専攻 食品機能健康科学講座
専門:食品科学、応用微生物学、応用糖質化学
担当:コースⅡ:あなたの健康と長寿を守る新機能性ヨーグルト

 

 

山本雅之 教授
sact_lecturer12_yamamoto.jpg東北メディカル・メガバンク機構長
医学系研究科 医化学分野
専門:医化学、酸素医学
担当:コースⅡ:東北メディカル・メガバンク計画とゲノム医療

 

 

筒井 健一郎 教授
sact_lecturer10_tsutsui

生命科学研究科 脳情報処理分野
専門:神経生理学、生理心理学、認知行動神経科学
担当:コースⅠ:脳内の「報酬系」「罰系」は消費行動にどう影響するか?

 

 

杉浦元亮 教授
sact_lecturer16_sugiwura.jpg加齢医学研究所 脳機能開発研究分野
災害科学国際研究所 災害情報認知研究分野
専門:脳機能イメージング
担当:コースⅡ:脳の中の『3つの自己』と加齢の脳科学

 

吉田浩 教授
sact_lecturer09_yosida経済学研究科
加齢経済学・高齢経済社会研究センター
専門:加齢経済学、公共経済学
担当:コースⅠ:2045年問題を考える

 

 

小川利久 事務局長
sact_lecturer21_ogawa.jpgスマート・エイジング学際重点研究センター
専門:介護施設経営、看取り援助
担当:コースⅡ:これからの介護ビジネスはどうなるのか?

 

 

野内類 助教
東北大学学際科学フロンティア研究所
東北大学加齢医学研究所
専門:心理学、応用健康科学
担当:コースⅢ:認知機能検査・SA度を用いた商品等の評価方法

東北大学と異業種52社、認知症ゼロ社会実現へタッグ

世界初「スマート・エイジング学際重点研究センター」創設と新産業創造・人材育成  3月28日

国立大学法人東北大学(所在地:宮城県仙台市、総長:里見 進、以下 東北大学)は、2017年4月1日付けで認知症の超早期二次予防、一次予防の確立を目指す世界初の研究組織「スマート・エイジング学際重点研究センター」を創設いたします。

日本は先進国中、最も高齢化の進んだ超高齢社会(高齢化率27.3%、2016年9月現在)で、認知症人口は認知症予備軍を含め現時点で800万人以上と推計されています。認知症による経済的損失は、医療費・介護費など年間14.5兆円に上ると試算されており、認知症予防対策の社会的ニーズは極めて大きいといえます。

このような超高齢社会では個人や社会が活力を維持するために「一人ひとりが、時間の経過とともに、高齢期になっても健康で人間として成長し続け、より賢くなれること、社会全体としてはより賢明で持続可能な構造に進化すること」(スマート・エイジング)が求められ、その実現に向けた研究推進が必要です。

続きを読む »

サブコンテンツ

このページの先頭へ