佐藤 弘夫 教授

佐藤弘夫(さとう ひろお)教授

大学院文学研究科教授

専門:
日本思想史、日本文化論

一言で言えば:
国際的に認知された代表的な日本学研究者

プロフィール:
78年東北大学大学院博士前期課程修了。博士(文学)。盛岡大学文学部助教授などを経て現職。神仏習合、霊場、死生観などをキーワードに、文献の精密な読解にフィールドワークの方法も取り入れて、精神史の大きなストーリーを組み立てることを目指す。6冊の著書が英語・中国語・韓国語に翻訳され、コロンビア大学・北京大学・フィレンツェ大学などで行われた国際的な研究集会での基調講演・招待講演は40回を数える

主な著書:
「アマテラスの変貌」(法蔵館)、「鎌倉仏教」(ちくま学芸文庫)、「偽書の精神史」(講談社選書メチエ)、「神国日本」(講談社学術文庫)、「死者の花嫁」(幻戯書房)、「春の消息」(柳美里氏との共著、第三文明社)など多数

産学連携実績:
終末期医療を担当する医療関係者との連携や、家系図を作成する会社へのアドバイスなどの実績がある。聖職者グループと、仏教の存在意義やこれからの葬儀のあり方について議論を深めている

独自ホームページなど:
日本学国際共同大学院

サブコンテンツ

このページの先頭へ