トピックス

 【産学共創活動】「朝食頻度が高い人ほど「幸せ度」が高いことを再確認」

 【産学共創活動】 SACプロジェクトサイト公開中!

最新情報

朝食頻度が高い人ほど「幸せ度」が高いことを再確認 〜働く人1000人対象、2010年と2022年との比較調査〜

 「幸せ度基準」がスマホ普及とコロナ禍で変化

2023年1月30日、株式会社吉野家、東北大学ナレッジキャスト株式会社、株式会社NeUの3社共同研究のプレスリリースが株式会社吉野家より発表されました。(以下抜粋)

2010年に東北大学が発表した調査*1では、朝食習慣と幸せ度・生活満足度との関連性が明らかになっています。しかし、調査から12年が経過し、この関係性に変化があるのか否か、スマホ普及やコロナ禍の影響がどの程度あるのかが不明でした。

創業124年となる牛丼チェーンの株式会社吉野家、東北大学100%出資のコンサルティング会社 東北大学ナレッジキャスト株式会社、および東北大学と日立ハイテクによる脳科学カンパニー 株式会社NeU(ニュー)は共同で、20代から60代の働く人1,000人を対象に「朝食習慣と幸せ度・ライフスタイルに関する調査」を行いました。

調査はインターネットによるアンケート形式で2022年10月25日から10月26日の2日間に行いました。設問は2010年の東北大学の発表資料に準拠し、コロナ禍による影響、スマホ普及による影響についての設問を追加しました。

*1 :「朝ごはんを食べる習慣と、 幸せ度と生活満足度との関連性が明らかに」 2010年東北大学プレスリリース

 

続きを読む

SAカレッジ22年度 コースⅡ第11回月例会は、伊藤 彰則 教授です!

音声認識・対話システム研究のエキスパート

SAカレッジ22年度 コースⅡ第11回月例会は、 総長特別補佐(情報基盤担当)、情報シナジー機構 副機構長、伊藤 彰則 教授 「ロボットからエンターテイメントまで~幅広い分野に応用が広がる音声対話技術~」です。

音声対話システムとは、人間と機械が音声を使ってやり取りするシステムです。かつてはSFの中にしか存在しない技術でしたが、近年の音声認識・音声合成・言語処理技術の発展により、ある程度一般に使える技術になってきています。

この講義では、音声対話システムの歴史と基礎技術、いくつかの応用、および今後の展望について、4つの構成でお話しいただきます。

  • 音声対話システムとは
  • 音声認識、音声合成の最新技術
  • 音声対話システムの種類と技術
  • 音声対話システムの応用

続きを読む

SAカレッジ22年度 コースⅠ第11回月例会は、鈴木岩弓 名誉教授です!

宗教民俗学的視座からの死生学研究者

SAカレッジ22年度 コースⅠ第11回月例会は、 鈴木岩弓 名誉教授 「日本人の死生観 ―過去・現在・未来―」です。
超高齢社会における看護・介護やシニアビジネスを行う上で、私たち日本人の「死生観」がどのようなものであるかの理解が不可欠です。
「死生観」というのは観念の問題であるため、目で見ることができません。従って、講義では観念に基づいて執り行われる行為、特に死者に対してなされる「葬送習俗」を次の構成でお話しすることで死生観のイメージを深めていきます。

  1. はじめに
  2. 現代日本の「死」の状況
  3. 「死者」とは誰か?
  4. 「死者」と「生者」の接点
  5. 死後の「死者」—「死者」への“想い”—
  6. 人称からみた「死者」の記憶

続きを読む

SAカレッジ22年度 コースⅢ 第10回月例会質疑セッション 参加者の声

富田 博秋 教授 「COVID-19流行下のメンタルヘルスの実態と対策」

2023年1月17日、SAカレッジ22年度コースⅢ 第10回月例会 質疑セッションが開催されました。講師は、医学系研究科精神神経学分野、東北大学病院精神科科長、大学院医学系研究科 災害精神医学分野、東北メディカル・メガバンク機構、災害科学国際研究所 災害精神医学分野、 富田 博秋 教授  。講義テーマは「COVID-19流行下のメンタルヘルスの実態と対策」でした。

参加された皆様からいただいたご意見やご感想を掲載します。
続きを読む

SAカレッジ22年度 コースⅡ 第10回月例会質疑セッション 参加者の声

中澤 徹 教授 「眼を活用した健康ビジネス 〜AI読影×創薬〜」

2023年1月17日、SAカレッジ22年度コースⅡ第10回月例会 質疑セッションが開催されました。講師は、神経・感覚器病態学講座 眼科学分野 主任教授、未来型医療創成センター(INGEM)副センター長、COI東北拠点 副研究統括、東北大学病院臨床研究推進センター(CRIETO)副センタ―長、中澤 徹 教授 。講義テーマは「眼を活用した健康ビジネス 〜AI読影×創薬〜」でした。

参加された皆様からいただいたご意見やご感想を掲載します。
続きを読む

SAカレッジ22年度 コースⅠ 第10回月例会質疑セッション 参加者の声

永富 良一 教授「健康によい、悪いとは? -何をもって“エビデンス”とするか

2023年1月17日、SAカレッジ22年度コースⅠ第10回月例会 質疑セッションが開催されました。講師は、未来社会健康デザイン拠点長、創生応用医学研究センター、スポーツ医科学コアセンター長、永富 良一 教授 。講義テーマは「健康によい、悪いとは? -何をもって“エビデンス”とするか-」でした。

参加された皆様からいただいたご意見やご感想を掲載します。
続きを読む

サブコンテンツ

このページの先頭へ