中澤 徹 教授

中澤 徹(なかざわ とおる)教授

神経・感覚器病態学講座 眼科学分野 主任教授
未来型医療創成センター(INGEM) 副センター長
COI東北拠点 副研究統括
東北大学病院臨床研究推進センター(CRIETO)副センタ―長

専門:
眼科学、神経科学

一言で言えば:
日本を代表する緑内障の研究者。緑内障による失明患者をゼロにするために幅広い活動を行っている

プロフィール:
1995年東北大学医学部卒業
2002年東北大学医学系研究科外科学専攻眼科学分野修了、医学博士取得。同年公立刈田病院眼科長
2003年米国マサチューセッツ眼耳病院リサーチレジデント
2006年東北大学医学部付属病院助手
2007年東北大学病院講師
2009年東北大学大学院視覚先端医療学寄附講座准教授
2011年より現職
若手眼科研究者の登竜門とされるROHTO AWARD(2008年)のほか、日本眼科学会評議員会賞(2014年)、平成26年日本医師会医学研究奨励賞(2014年)など多くの賞を受賞。失明原因第1位の眼疾患である緑内障の個別化医療、個別化予防の確立を目指して活動している。

主な著書:
「前視野緑内障に向き合う~PPGを発見した時、どう考え管理するか~」(編集)文光堂、「Neuroprotection and Neuroregeneration for Retinal Diseases」(共著)Springerなど

産学連携実績:
・眼底疾患の早期発見に有用な簡易型の眼底検査デバイスの開発と、AIを用いた診断アルゴリズムの開発、サプリメントの開発などを手がけている。

独自ホームページなど:
東北大学医学部眼科学教室ホームページ

サブコンテンツ

このページの先頭へ