武藤 達士 特命教授

武藤 達士(むとう たつし)特命教授

東北大学病院 加齢・老年病科 科長・病院特命教授
加齢医学研究所 臨床加齢医学研究分野

専門:
老年医学、認知症、脳神経救急、動物介在療法

一言で言えば:
高齢者脳疾患の予防と治療の精通者

東北大学病院で、もの忘れ外来や老年病の画像外来を担当。関連病院で、脳外科、救急、核医学診療などを担当

プロフィール:
95年東京大学農学部獣医学科卒、98年東京大学大学院農学生命科学研究科修了、獣医学博士。カリフォルニア大学デービス校、04年神戸大学医学部卒、手稲渓仁会病院、秋田県立脳血管研究センター (現・秋田県立循環器・脳脊髄センター) 脳卒中診療部/脳神経外科、社会保険(現・JCHO)神戸中央病院 脳神経外科を経て12年東北大学大学院医学系研究科、医学博士。13年より東北大学加齢医学研究所 助教、講師、准教授。17年より東北大学病院加齢・老年病科 副科長(兼務)、21年より科長/特命教授。
97年日本獣医学会大会長賞、15年AHA (米国心臓協会) International Stroke Conference 2015. Junior Investigator Award、17年Society of Critical Care Medicine (米国集中治療学会) Critical Care Congress. Bronze Snapshot Awardなど受賞。

主な著書:
「実地診療のための最新認知症学」分担 日本臨床社、2018年

産学連携実績:
MRI、PET画像を用いて、日清オイリオグループとの「中鎖脂肪酸長期摂取による高齢者の認知機能および脳内基盤への影響」を実施。低侵襲循環動態モニタリングの臨床有用性について、医療機器メーカー数社との共同研究を展開。障がい者馬介在療法の心身効果に関する研究普及事業(障がい者のための馬事普及協会など)を実施

独自ホームページなど:
東北大学病院 加齢・老年病科
加齢医学研究所 臨床加齢医学研究分野

サブコンテンツ

このページの先頭へ