杉浦元亮 教授

sact_lecturer16_sugiwura.jpg杉浦元亮(すぎうら もとあき)教授

加齢医学研究所 教授
災害科学国際研究所 兼務
スマート・エイジング学際重点研究センター 認知脳機能研究部門長

専門:
脳機能イメージング

一言で言えば:
わが国の社会脳科学研究のパイオニア。「自己」脳研究の世界的第一人者。

プロフィール:
2000年東北大学大学院医学系研究科修了。ユーリヒ研究センター(ドイツ)医学研究所研究員、宮城教育大学助教授、生理学研究所准教授を経て2008年より現職。2012年より災害科学国際研究所に兼務。人間の社会的な能力の神経基盤について基礎研究を行いつつ、成果を加齢医学・災害科学に応用。文部科学大臣表彰若手科学者賞などを受賞。

主な著書:
英文学術論文多数。日本語では「ノンバーバルコミュニケーションと脳―自己と他者をつなぐもの」(岩田誠、河村満編、医学書院)に総論。

産学連携実績:
脳機能イメージング技術や、社会認知科学的手法を応用した共同研究、学術指導などの産学連携実績多数。

独自ホームページなど:
杉浦元亮准教授プロフィール(英語版
東北大学脳科学センター

講義テーマ:
脳の中の『3つの自己』と加齢の脳科学

サブコンテンツ

このページの先頭へ