仲川清隆 教授

仲川清隆(なかがわ きよたか)教授

農学研究科 教授・ 応用生物化学科長

専門:
食品化学

一言で言えば:
食品や生体における「酸化」の評価の第一人者

プロフィール:
平成11年3月 東北大学大学院農学研究科博士後期課程修了(農学博士)、平成10年4月 日本学術振興会特別研究員、平成12年1月 科学技術振興事業団科学技術特別研究員、平成15年4月 東北大学大学院農学研究科 助手、平成16年11月 同 助教授、平成19年4月 同 准教授、平成25年4月 米国タフツ大学JeanMayer老化栄養研究所へ留学を経て、平成28年4月より東北大学大学院農学研究科 教授、平成29年4月より同 応用生物化学科長。平成20年日本栄養・食糧学会奨励賞、平成24年日本農芸化学会農芸化学奨励賞などを受賞。

主な著書:
「基礎食品学」、「食品の機能化学」(ともにアイ・ケイ コーポレーション )など。

産学連携実績:
東北大学地域産業支援アドバイザーをつとめております。ラボでは、食品の酸化劣化のメカニズムや、ヒトの疾病における酸化ストレスの関与機構の解明を図るとともに、これらの防御に向けて食品機能成分の活用に取り組んでいます。機能性をはじめとする食品分野について幅広い支援ができるものと思います。

独自ホームページなど:
機能分子解析学分野

サブコンテンツ

このページの先頭へ