中川敦寛 特任教授

中川敦寛(なかがわ あつひろ)特任教授sact_lecturer01_kawashima

東北大学病院臨床研究推進センターバイオデザイン部門長
東北大学病院長特別補佐(企業アライアンス テクノロジー)
ジャパンバイオデザイン共同ディレクター

専門:
脳神経外傷、医療機器開発、制度設計

プロフィール:
2010年東北大学卒業。2001-3年東北大学流体科学研究所、2008-10年UCSF神経外傷臨床フェローシップ、2015年スタンフォードバイオデザイングローバルファカルティ研修。2019年より現職。工学研究のシーズを橋渡し研究により臨床応用を踏まえて、2015年に東北大学病院ベッドサイドソリューションプログラム(アカデミック・サイエンス・ユニットASU)の制度設計を3年半かけて行った。その他、デザイン思考も用いてニーズ探索から事業化までさまざまな段階で企業と協働。AO Neuroなどグローバルプログラムのジャパンプログラムの制度設計も複数担当。

主な受賞:
日本生体医工学学会荻野賞(2010)、日本脳神経外傷学会牧野賞(2013)、日本学術振興会科学研究費優秀審査員賞(2015、2017)など。

産学連携実績:
2015年からの5年間でASUでは42社、1200名の研究員が東北大学病院共同研究員とし44診療科で2700回以上の医療現場観察を実施。5件の事業化、25件の事業化前段階契約。オウル、台北、ベンガルール、サンフランシスコベイエリア、テルアビブでのスタートアップ企業、VC、企業などのアドバイザー、コンサルタントをつとめる。

サブコンテンツ

このページの先頭へ