開催案内:コースⅣ第2回月例会(5月10日開催)

月例会概要

内容: 介護施設体験ワークショップ
テーマ:介護保険における重度化対応の現状把握と体験
担当:SAC東京事務局長 小川利久、 SAC東京ファシリテーター 小林悦子

第2回では、4月26日提出期限の参加者の「要望質疑」を考慮し、次の4つのポイントで介護保険事業の重度化対応の取り組みを視察・体験します。

1.介護保険施設の中で最も重度化対応を期待されている特別養護老人ホームの実情の理解
(1)住環境の力:ユニットケア
(2)脳の力:認知症高齢者の生活とケア
(3)食べる力:口腔衛生、摂食嚥下機能評価とケア
(4)生ききる力:看取り援助
2.介護労働を知る
介護施設で働く職員とのディスカッション
3.施設における高齢者の生活を知る
高齢者の生活に触れてみる
4.新たな介護ビジネスの可能性を探る
参加企業のスマート・エイジング・ケア・ビジネス(SACB)のテーマ設定を検証する
※ 第1回月例会にて配布済みの「音羽台レジデンス」パンフレットをご高覧の上、ご参加ください。

スケジュール(予定)

日 時:2017年5月10日(水)14:00~17:00(集合時間13:40)
集合場所:東武東上線「成増駅」改札口(一ヶ所のみ)
訪問施設:特別養護老人ホーム「音羽台レジデンス」
住所:東京都板橋区成増4-33-1(成増駅から徒歩12分)

14:00〜14:10 施設挨拶
14:10〜14:40 講義1「介護保険の中で最も重度化対応を期待されている特別養護老人ホームの実情の理解」
14:40〜15:30施設内視察+ワークショップ
15:30〜15:40休憩
15:40〜16:30 施設職員とディスカッション
16:30〜16:55 講義2(統括)
16:55〜17:00 事務局連絡
17:00 終了

「要望事項」と「質疑項目」事前提出のお願い

介護施設体験ワークショップ「音羽台レジデンス」に対する「要望事項」と「質疑項目」を提出してください。
送信先メールアドレス SAC東京事務局メールアドレス sact@grp.tohkoku.ac.jp(小川宛)
メール件名 【コースⅣ0510要望質疑(貴社名)】
期限 4月26日(水)正午
事務局コースⅣ担当が取りまとめて訪問施設と調整をさせていただきます。
ご要望に添えない場合もありますのでご了承ください。

懇親会開催出欠確認のお願い

体験ワークショップ終了後に懇親会を開催したいと思います。参加のご意向をお知らせください。
場所:成増駅周辺
費用:各自負担
参加意向の連絡方法 【コースⅣ0510要望質疑】メールの末尾に参加の有無を記載してください。

出席者ご確認のお願い

  1. 今回ご出席の方は、4月25(火)正午までに下記出欠確認フォームよりご登録ください。
  2. 月例会は同一企業の方であれば、登録1口につき1名様、どなたでも参加可能です。
    連絡担当窓口の方は、どなたかにご出席頂けるよう調整ください。
  3. 出欠のご確認は、出席される方それぞれ個別にお願いいたします。(2口参加企業の場合)
  4. ご入力頂いたメールアドレスあてに入力内容確認のメールが届きます。
    メールアドレスは間違いのないようにご入力ください。
  5. 月例会当日に参加者名簿をお配りします。
    名簿には本出欠確認に基づく「会社名」「氏名」を掲載します。

出欠確認フォーム

必要事項ご入力、出欠を選択のうえ、送信ボタンをクリックしてください。


お名前 (必須)

会社名 (必須)

メールアドレス (必須)

※このアドレスあてに事務局からメールが届きます。正確に入力ください。

次から選択してください(必須)
 月例会 出席欠席

月例会に初参加の方は下記にチェックをいれてください
 初参加

通信欄:事務局への連絡事項がありましたらご入力ください

入力内容はOKですか?
OKなら次にチェックを入れてください


お問合せ先

東北大学スマート・エイジング・カレッジ東京事務局
TEL:03-6225-2546(9:30~17:30、土日、祝日除く)
e-mail:sact@grp.tohoku.ac.jp

サブコンテンツ

このページの先頭へ