SAC東京6期コースⅢ第12回月例会 参加者の声

3月24日、SAC東京コースⅢ第12回月例会 参加者の声

3月24日、SAC東京6期 第12回月例会開催されました。講師は未来科学技術共同研究センター 池田 郁男(いけだ いくお)教授。講義テーマは「どのような油脂をどれくらい摂取すれば健康によいのか?」でした。

我々が摂取する油脂(食事脂肪)の量と質は健康に大きな影響を与えます。

食事脂肪と健康に関する多くのヒト試験が欧米を中心に行われていますが、結果は必ずしも一致せず、また、日本人での試験は少ないのが現状です。欧米と日本では食事の内容がかけ離れているので、欧米の研究は必ずしも日本人には適用できません。従って、どのような油脂が健康によいかは明確には判断できないのが状況です。

マスメディアは限られた情報のみを取り上げ、正確さを欠く場合が多いようです。食事として摂取する油脂というと、植物油を連想するかもしれませんが、その摂取量は平均的日本人が摂取する総油脂量の14%に過ぎません。食品そのもの由来の油脂は全体の80%を占めており、結局は、どのような食事を摂取するかで、食事油脂の量と質がほぼ決まることになります。

本講義では植物油だけに注目するのではなく、どのような食事を摂取すべきかを考えていきました。

参加された皆様からいただいたご意見やご感想を掲載します。


ご意見・ご感想(抜粋)

講義が参考になった理由は?

  • 油脂に関する迷信と食品に関する証明の難しさが聞けて参考になりました。
  • 食品に含まれている見えない油について知ったことが、大きな収穫でした。さて、これをどう減らせばよいのか、それが問題です。
  • 世間一般で認知されていることでも正しいとは限らないことを知れたから。具体的には悪玉コレステロールが本当に悪さしているか分からない、DHAのサプリ飲んでも効果が期待できないかもしれない、マーガリン・ショートニングはトランス脂肪酸そんなに含まれていないなど。
  • 食品と油との関係性についてきちんとしたエビデンスがないことがわかった。また従来言われてきたことも、欧米人のエビデンスであることもわかり、今後日本人を対象としたデータが蓄積され、私たちの生活に有用性を示してもらえることを期待したい。
  • 脂肪酸全体について理解できたが、効能については臨床データのようなものは意外に少ないと思いました。
  • 健康と油脂の摂取の関係についてはまだ研究段階であるということがよく理解できました。欧米の研究結果をそのまま日本人に当てはめることは、間違った理解につながるということと、日本ではそれほど研究が進んでいないということを改めて認識しました。結局はバランスの良い食事を心がけることにつきる、ということでまとめられたのが、印象的な講義でした。情報はまず不正確と思って取得し、必要な情報はしっかり調べることの重要性を再認識できました。
  • 油脂摂取量と冠動脈心疾患・脳血管疾患のリスクの相関について欧米と日本における観察研究の差異および要因を体系的に学ぶ良い機会となり参考になりました。厚労省の食事摂取基準においてコレステロールの上限基準が2015年に撤廃されて血中コレステロールへの影響には個体差があるため目標量を定めないこととなりましたが、その後、昨年度改定では「脂質異常症の重症化予防の目的からは、200mg/日未満に留めることが望ましい」と追記されるなど明確な摂取基準を定めるべき栄養素なのか等、理解できていない部分がありましたので、エビデンスベースで経緯をご説明を頂いたことで理解は深まりました。ただ、講義内でも結局「疾患発症リスク抑制のために油脂の摂取量は抑えるべきか」との疑問に対する明確な答えをご説明いただけずに講義が終了したため、日本人の食文化・特性を踏まえたうえで「食事において脂質をどのようにコントロールしていくべきか」については最後まで良く理解できませんでした。(現在の研究・エビデンスだけでは明確な答えが出せないという事なのでしょうか。)
  • 油は奥が深いなと思うと同時に、何が正解なのか、まだまだ謎が深いなとも感じました。
  • 日本人と欧米人との差などが大きく、単純比較出来ない点。サンプル数が少なく、十分なエビデンスが取れない点などがあり、明確な結論にたどり着けない、あるいはそこに至るには更に膨大な時間を要するといった点で、なかなか難しい研究課題だと感じた。
  • 油の種類と健康に与える影響を理解できたからまた、これまでの常識とは異なる最新の研究結果を知ることが出来たから。
  • これまでの脂肪に関する知識が覆されました。有用でした。

アイスブレイクが有用だった理由は?

  • 池田先生とは違った切り口での補足や質問、まとめをいただけて理解が深まりました。
  • 自分の理解の甘い部分の把握ができてありがたかったです。
  • エビデンスの取得が難しく、特に日本人に関する研究結果は少ないということを知れたから。
  • 食べ物の研究はあいまい。特に日本の場合、疫学研究は医学部である。ドクターが興味がないとやらない。その結果、予算もつきにくく、長期にわたる。よって、論文は簡単に出てこない、など。悪循環なループが明確化され、現状なぜきちんとしたエビデンスがないのかが整理できた。
  • そこ聞きたかった!という疑問点を的確に整理してQAいただいたので、情報の整理に役立ちました。
  • 各センテンスで講義参加者の疑問を解消して次のセンテンスの理解を深める質問をしていただけることと、センテンス毎に簡潔にまとめて重要ポイントを伝えていただけるため、大変有用です。
  • 今回も、頭の整理がついてとても参考になりました。
  • モヤモヤ引っかかっているものを先生の質問でクリアにしてもらった印象でした。ありがとうございました。
  • 自分の理解が追いついていない点について、フォローいただけたから
  • その場で振り返りできますので学習効果が高いです。

グループトーク、グループ質疑が有用だった理由は?

  • 自分とは違った視点での疑問点が聞けて参考になりました。
  • 最後にグループリーダーさせていただいて大変楽しく学びを得る事が出来ました。ありがとうございました。質問の意図が伝わりにくいところもあったかな?と思いますので、質問内容をチャットにも放り込むような運用が出来たらよりよくなるのではないかと思いました!
  • 油の酸化しやすさは二重結合の数という話が理解しやすかった。卵のコレステロールの話にしても、エビデンスの取得が難しいから、実は間違っている常識がなかなか正されないのだと理解できたから。
  • 自分だけでは、気づかなかった疑問点を聞くことができ、有用だった。
  • グループ内でも同様に「結局油脂はどの程度摂取すればいいのかに対する答えが分からない」という疑問を持たれている方が殆どであり、互いに講義内容を見直して互いの解釈を伝え合える場になりましたので、大変有用であったと思います。ありがとうございました。
  • 質問の整理と、他社の方とのコミュニケーションができ助かります。
  • リーダーの栗原さんが、全編を通して内容をよく把握されており、グループ内でも意見が出ていたと思います。
  • 何度かディスカッションした方々もいたので、その点は質問を出し合うにスムーズであったと思う。リーダーのファシリテートも良かった。
  • 自分とは異なる視点でのご意見をお聞きすることが出来たため

過去のSAC東京月例会 事務局レポートはこちら
過去のSAC東京月例会 参加者の声はこちら

あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ