SAC東京6期コースⅠ第1回月例会 参加者の声

5月12日、SAC東京コースⅠ第1回月例会 参加者の声

5月12日、SAC東京6期 第1回月例会開催されました。

講師は、東北大学 加齢医学研究所 所長 兼 スマート・エイジング学際重点研究センター所長の川島隆太教授。講義テーマは「脳科学を応用して新産業を創成する①」でした。

第6期最初の月例会では、まず、改めてスマート・エイジングの考え方と社会的背景について、次に「脳の機能と加齢現象」をおさらいし、「頭の回転速度のトレーニング」と「記憶の量のトレーニング」二つの面で脳のスマート・エイジングについての解説をされました。

「脳トレ研究の歴史」では「脳トレ批判」やlumosityの「脳トレ訴訟」など最近の話題に触れ、「認知症ケア」への応用とその経済的効果の最新成果もお話がありました。

最後に「脳トレ効果をさらに促進させる方法」についてニューロフィードバックの応用など最新研究に基づく話を通じて、脳科学から産業を生み出す際の勘所をお話しいただきました。

脳トレの第一人者が「本物の脳トレ」を余すことなく語る貴重な月例会となりました。
参加された皆様からいただいたご意見やご感想を掲載します。


ご意見・ご感想(抜粋)

講義が参考になった理由は?

  • シニアをイメージして先生の講義に出席しましたが、大人向けにトレーニングを積むことによって認知発症のリスクが減る(もしくは遅くなる)ということを再認識できました。
  • 脳への影響や効果から、実際のビジネスに活かす際の葛藤や認知症ケアへの発展についてまで幅広く講義をしていただき、大変興味深く勉強になりました。
  • 現在、弊社では、全国の「新聞販売チャネル」「牛乳販売チャネル」を通じて、シニア向けの通信販売事業を行っておりますが、この事業の一環として、認知症予防対策商品の供給を検討することといたしました。シニアにDSの「脳トレ」を推奨するのは、ハードルが高い気もしますので、KUMONさんの学習療法とのジョイントの可能性などを模索したいと考えております。ありがとうございました。
  • 月例会大変有意義な時間を過ごすことができました。これからも勉強に励み、事業につながるヒントを見つけていきたいと強く感じました。弊社はシステムな部分では接点がない事業ですが、それを使ってのユーザー顧客が多くいること、ファンを抱えております。その方々の健康と幸せを願う食の世界で、脳科学をどのように取り入れた先端をいくレストラン運営と給食運営になるかと思うと、今回の参加の企業の皆さんとの意見交換などで、広がるといいと感じたところです。
  • 弊社はシステムインテグレーターとして、多くのお客様のシステム開発をお手伝いしています。川島先生の研究は法人向けの健康管理アプリケーションの提案等すぐにでも活用したいコンテンツだと思いました。
  • 初めての参加でしたので、スマートエイジングという考え方、その研究成果など概要をつかむことができました。専門的で難解な内容を覚悟していたのですが、川島教授のお話は平易な言葉で歯切れもよく、わかりやすかったです。
  • 脳の機能が衰え始める時期が思っていたよりも早い年齢で始まることを知りました。私の年齢ですでに脳機能の低下が進んでいることを知り、衝撃を受けましたが、訓練することでその速度を遅らせることができるということで改めてできるだけ早く作業するなど日常の行動を変えようと思いました。
  • 脳科学の最新の知見の他,脳トレの開発ストーリーも聞けて,大変興味深かったです。脳科学的の知見を活かして成功したビジネスは少ないと思うので,参考になりました。研究者としては,エビデンスレベルの話が心に残りまして,研究デザインの際に肝に銘じようと思います。
  • スマートエイジングの考え方である「加齢現象は成長である」ことを認識ができ加齢に対して前向きな発想を持つことができました。
    脳の機能を活性化させるための脳トレを正しく行うことが重要であることも理解できた。
  • 今回初めて参加し、脳機能について知見を得られたこと、脳トレなど研究からビジネスに繋げた事例のお話を伺えたことが大変参考になりました。
  • 脳トレの効果や重要性が根拠ある説明で分かりやすかったですし、脳機能に関する話自体が面白かったこともありますが、色々なことを考えるきっかけになった気がします。特に、ニューロフィードバックを応用することの可能性が大変興味深かったです。もっと聞いてみたいことや分野についても今後の講義に繋がっているようですので、楽しみにしています。
  • スマート・エイジングの考え方をビジネスに活かすうえでの前提知識をご教授いただいたため。
  • 川島先生が第一線で実際に脳の「スマートエイジング」に取り組んでこられた知見が豊富に盛り込まれたお話をお聞きでき、同じ分野について自ら学ぶより大幅に理解が深まりました。エビデンスレベルの話など、前提知識についてもややあいまいな理解をしていた部分がありましたが、ポイントとして実例を交えながら説明いただいたことで、ヘルスケア分野でPoCやビジネス構想を行うにあたって大変勉強になりました。質疑応答も含め、実際にビジネス化を試みている部分についてもざっくばらんにご紹介くださり、こういった分野でのビジネスを考えるにあたってヒントをいただくことができました。
  • 参考になった、面白かったと思う理由を以下に列挙します。・専門家の意見だけでなく、実験によりエビデンスが 積まれていることの実績、大切さ・理由は分からない、だけどそういう事象や結果が出ている、という川島さんの質疑応答スタイル(転移効果の話とか)・たまに出るブラックジョーク(アウトのやつも含め)・所々自分の脳年齢相当を確かめるデモがあり、脳トレをやらなきゃという気持ちに・研究だけでなく、それで儲けるという気持ちを前面に出されていたところ、やっぱりそうじゃないと!
  • 後半のニューロフィードバックの話題に関して、当社の課題解決に繋がりそうなアイデアがありそうだと感じました。
  • これからスマートエイジングを学んでいくにおいて、知っておくべき基礎的な部分を深く学ぶことができた。
  • 興味深い講義をありがとうございました。少子高齢化高齢化の社会に合わせた事業を企画する上で大変参考になりました。
  • 現在弊社では、高齢社会に向けてのお客さまへの商品・サービスを検討・企画しております。その中で、避けて通れない「認知症」について、より正しく理解し、今後のサービス等に結び付けたいと思っております。既に、NeUさまとサービス(脳トレ)については、相談させていただき、今後活かしていくべく進めております。また、私自身もその「パイロット」の担当をしております。つきましては、まずは認知症の理解を深めたいと考えておりましたので、非常に勉強になりました。
  • 脳の老化のメカニズムや、脳の活動の活性化といった社会的ニーズが高く認知症予防に繋がる参考となる話を聴講することができました。CPU×メモリ(背外側前頭前野)とHDD/SSD(即答連合野)の考え方、大変分かり易かったです。

アイスブレイクが有用だった理由は?

  • 村田先生のアイスブレイクは講義内容をいったん整理する上でも大変有意義だと毎回感じています。講義途中でアイスブレイクをした講義は初めてでしたが、とてもよかったと感じています(オンラインでの講義は特にそう感じました)。わたしも気になっていた”転移効果はなぜ起こるのか”などをタイミングも含め聞いていただけたのはとてもありがたかった(利き手だけに効果が発生するとは驚きでした)。
  • 都度都度は講義の合間に入ることで、そこまでの良い振返りになるため。(質問内容も適していたと思う。)
  • アイスブレイクによって気になっていた点が解消されたり、より深い考察を得ることができました。
  • アイスブレイクを通じて頭の中が整理出来た。
  • 村田先生がまとめてくださったので、反復となったことは頭の切り替えになってありがたかった。先生の質問も、切り口や視点の違いを感じら大変良かったです。
  • 共通で想定される質問をしていただき、その後の質問をより自らに近いものに絞ることが出来ると思いました。
  • ポイントを簡潔にまとめて質問形式で挙げていただけたので、より強い印象が残りました。
  • テキストにない別の切り口から解説いただけたことで理解が進みました。
  • 集中力が途切れないタイミングで,また,聴講者が興味を抱きそうな点について適切に質問をされていて,良かったと思います。
  • 集中力が長くは続かないため、ちょうどいい区切りになった。
  • 各ポイントポイントで講義内容を整理して頂き、理解を深めることができました。
  • いくつかの疑問を先に解消することで理解が深まり、また、その後のグループトークを円滑に進めるうえでの導入になると感じたため。
  • ポイントをついてくださっていることもそうですが、話者が変わって対話形式になることで聞き手の気持ちもリフレッシュされました。
    初めて東北大学SACに参加しました。川島さんの話が面白かったからかな? 特にアイスブレイクが無くても和気あいあいで入っていけました。オンラインなので変な緊張感が無かったこともその1要因かもしれません。
  • 都度、質問事項を入れて頂き、講義の理解が深まりました。
  • 通常講義と違って、複数回にわたってアイスブレイクをして頂いたので理解しやすかったです。
  • 自分が思いつかない視点でのご質問があり、大変参考になりました。
  • 疑問に思っていることを確認できることができました。
  • First contactの人間を集めてのテレビ会議だったので、限られた時間の中で個々人から質問していたら、かなり脱線してしまったと思います。事前に用意された質問をされたことで、効率的に時間を使え、先生のプレゼンのペースメーカーになっていたと思います。

グループトーク、グループ質疑が有用だった理由は?

  • 異業種の方との視点の違い
  • 初めての部分もあり、互いの背景が分からない中でであったため。
  • グループ別質疑ではグループによって全く違った観点の質問が出ており、より考察が深まるきっかけになりました。
  • 自分と他社の考えを理解・整理するきっかけが出来た。
    全くの異業種の方ばかりで、意見や質問事項が理解できなかったのが残念でした。技術者との考えの違いに驚くばかりでした。正直、恥ずかしさすら覚えました。ただ、その後のメールで、ある方が「自分も多くの技術開発をしていても、事業になったのは少ない」と正直なお話をしてくださって人間味ある方と思いました。でも人とのご縁はこのようなところから始まるものだと認識できたことは、嬉しい収穫でありました。
  • クループ別に質問をするのは、質問を平等にするという意味ではとても有効だと思いました。
  • 他業種の方々の視点や興味の持ち方がそれぞれ違い、考え方の幅やビジネスの可能性を考えて行く上でとても刺激になりました。また、私が質問したかったことやグループ内で出て私も気になった質問が他グループからも出され、参考になりました。
  • 普段接点のない業種の方、社外の方の発表を聞くことで自分とは違った発想を得ることができました。
  • グループ別質疑は,自分では思いつかない着眼点での質問もあり,興味深く拝聴しておりました。
  • 自分では気づけなかった疑問や新しい観点を共有させていただくことができたから。
  • 参加者のメンバとの交流を図りながら、それぞれの業種、業界の視点で質疑を話し合い、気付きがあったこと。
  • 参加されている方も幅広く、様々な業界・業種・部署の視点で、研究寄りの質問もビジネス寄りの質問もあり、大変参考になりました。
    様々な業種の方々がいらっしゃるので、自分だけでは気づかなかった視点や考えを得られるのは刺激になります。
  • 様々な観点からビジネスの切り口を考えるうえで有用だと感じたが、グループトークの時間が短く、もう少しビジネスにどんなところを活かせそうかなどのトークをしたかったため。
    他グループの質問も大変興味深かったからです。
  • 私自身がソフト開発会社勤務&技術指向のため、「面白そうだからこんなモノを作ってみた」⇒全然事業にならない という失敗を繰り返してきました。今回、異業種&現場の課題をお持ちの方と会話する機会が得られ、短時間でしたが意見交換が継続できるチャンスを得られたのが1番の成果。またグループ別質疑では、他の観点で議論していることが垣間見れたので、新しい気づきになるかも、と思いました。
  • 異業種の方と話ができて、参考になりました。
  • 他の業種の方がどのようなことに興味があるのかを知ることができた。
  • グループ内の2名が、ビデオをオフにされていました。トークするのに、顔が見えないと、リーダーとしてやりづらかったです。
  • グループメンバーのお互いを知るの時間をもう少し欲しかった気がしますが、質問をまとめて先生に直接質問できるのはとてもよいと思いました。
  • どのグループも類似している質問、全く異なる観点の質問があり、それらを伺うことにより、より多くの知識を得ることができました。また、業界が異なる人との話は、視点も違く、勉強になりました。

過去のSAC東京月例会 事務局レポートはこちら
過去のSAC東京月例会 参加者の声はこちら

あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ