SAカレッジ21年度 コースⅡ 第10回月例会 参加者の声

石垣 司 准教授「ビッグデータ&ベイズモデリングで一人一人の消費者を理解する」

2022年1月12日、SAカレッジ21年度コースⅡ第10回月例会開催されました。講師は、経済学研究科 石垣 司(いしがき つかさ)准教授。講義テーマは「ビッグデータ&ベイズモデリングで一人一人の消費者を理解する」でした。

日本政府が世界に先駆けて実現すると宣言した「Society 5.0」。サイバー空間と現実空間を高度に融合させ、あらゆる人が活き活きと快適に暮らせる社会「Society 5.0」を実現するためには、「必要なもの・サービスを、必要な人に、必要な時に、必要なだけ提供する」ことにより、様々な分野で新たな社会的価値を創造する取り組みが求められます。そのためには、まず、もの・サービスを受容する消費者、ひいては、我々生活者を理解することが必要不可欠となります。

今回の月例会では、ビッグデータやベイズモデリングなどのデータサイエンスに立脚し、一人一人の消費者・生活者を理解するための個別化技術について紹介いただきました。具体的には、小売サービス、医療サポート、マーケティング等におけるデータ駆動型アプローチによる消費者(サービス受容者)理解の研究事例を詳しく解説していただきました。

すでに様々な分野で活用されているIoTやAI、ビッグデータなどの最新ICTですが、参加企業の皆様のビジネスにおいてどのような活用が可能なのか、それによりビジネスはどう変わるのか、皆様のビジネスの先で暮らす一人一人の消費者・生活者を理解することで、どのような価値創出が可能となるのか等々、新たなビジネスを構想するヒントが得られたのではないでしょうか。

参加された皆様からいただいたご意見やご感想を掲載します。


ご意見・ご感想(抜粋)

講義が参考になった理由は?

  • Deep Learningと統計的モデリングの使い分けの概念が理解できた。
  • ビッグデータの苦手な領域や活用事例等の基礎的な内容でわかりやすかった。これからヘルスケアも含めた様々な領域で、ビッグデータの活用がされるのでこのような知識はとても役立つ。
  • AIの基本から最新研究までをひとつの講義内で受講させて頂け、大きな学びとなりました。AIの課題もお教え下さり、様々なAI関連技術を事業に導入していく際に大いに役に立つ内容でした。有難うございました。
  • 私は大量に確保できているデータだけが分析の対象になり得るという先入観を持っていましたが、統計的な処理などにより小規模のデータからでも有意な結果を得られるという事例を知ることができ、前述のような先入観を払拭できました。
  • AI・ビックデータの時代においても消費者一人一人を分析・理解することの重要性が理解できました。
  • 新製品の想定ターゲット層に対するコンタクトポイントについて、ベイズモデルを使って推定できそうなヒントを頂いた。
  • 弊社においてもAI活用検討を進めておりますが、「AI=万能」というイメージだったため、いざ検証してみるとできないことも多く、ここでAIにも得意・不得意があるという事実を知りました。AIを活用するということ自体に躍起になっていて、基礎知識がない状態だったので、今回の講義は具体事例も挙げていただき大変勉強になりました。
  • 新規事業の検討において、データ解析が人間の推論の手助けとなることを理解できた。
  • ディープラーニングの得意・不得意な点を知ることができたので。
  • 講義内容は難しく感じたが、AIや統計的モデリングを活用することで、さまざまな問題の解決の助けになることを十分に理解できたため。また質疑応答を通じて、企業におけるデータサイエンティストの重要性も痛感した。今後の取組みに活かしたい。
  • 人間とAIの共創は今後一層重要になってくると思いますので、非常に興味深いテーマでした。
  • ビッグデータと統計的モデリングの基本的な考え方と活用方法を学ぶことができたため。
  • 昨年度Deep Learningの研究に携わっていたため、大変興味深く聴講しました。
  • 機械学習・AIは事業として利用しているため、興味深く聞けました。Big Dataの本質的情報不足(データ空間の大きさ >> ビッグデータのサンプル数)はなるほどな・・・と思いました。
  • 全く未知の分野でしたが、購買につながる試みに利用できることがわかりました。
  • 実務でデータ分析の委託を担っているため、参考になった。
  • データ活用を行う際の企業側の注意点がとても参考になりました。ただ、一方で、参加者側の認識が追い付いていない場面が見られ、企業側の注意点について特化した内容でも講義が面白くなりそうに感じました。

過去のSAC月例会 事務局レポートはこちら
過去のSAC月例会 参加者の声はこちら
SAC月例会にご興味のある方はこちら

あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ