SAカレッジ21年度 コースⅡ第5回月例会 参加者の声

渡邉 賢 教授「超臨界で天然物がお宝に?~新しい食品加工と廃棄物処理技術~」

8月11日、SAカレッジ21年度コースⅡ 第5回月例会開催されました。講師は、工学研究科 化学工学専攻 渡邉 賢(わたなべ まさる)教授。講義テーマは「超臨界で天然物がお宝に?~新しい食品加工と廃棄物処理技術~」でした。

超臨界流体は、固体、液体、気体に加えて発現する、第4の状態です。この状態とその過程も含め、特に二酸化炭素と水の超臨界状態(およびその周辺の亜臨界状態)を利用したプロセスが、衣(+医)食住環境の分野で実用化されており、さらなる用途展開も期待されています。

今回は、超臨界流体を次の4つのパートに分けて理解しました。

  1. 実用事例を通して、超臨界流体を用いることの利点を理解する
  2. 超臨界流体とは何かを、物性の観点から理解する
  3. 講師の研究内容を紹介し、特に資源活用の観点での超臨界利用を理解する
  4. 超臨界流体普及の課題を挙げ、日本での状況を他国と比較することで、その解決策を考える

超臨界流体は主に溶媒です。それがより広く利用されることで二酸化炭素排出や廃棄物問題のいくつかを解決できる可能性があること、そして天然物をお宝にできる可能性があることをお話しいただきました。

参加された皆様からいただいたご意見やご感想を掲載します。

ご意見・ご感想(抜粋)

講義が参考になった理由は?

  • 不要な素材を取り除いたり、必要な素材を取り出す技術であり、使用している媒体が水や二酸化炭素ということでこれからの日本に必要な技術だと感じた。
  • 超臨界状態を上手く活用することで作業コストの削減や新しい商品開発に役立てられると感じた。
  • 全く知識のない分野でしたが、具体的な産業利用の可能性等が理解できたので。
  • 超臨界圧のCO2とH2Oで物質の分離ができることが分かりました。
  • 超臨界抽出の実用例をご紹介いただき、参考になった。
  • 大変貴重なお話をありがとうございました。超臨界Co2でいろいろとできるのではないかと、興味がわいてきました。 私が所属するのは化学メーカーでして、サスティナブルなプロセスは非常に興味があります。また、当社はアルキレンオキサイド(EO,PO)付加技術を得意としており、高圧での反応が昔は盛んでした。しかしながらコンプライアンスの観点から、高圧対応の設備が年々少なくなっており、特徴ある材料が廃盤になることもしばしばあります。新たな技術として当社でも何か取り組めるのではないかと思いました。 また、食品についても3年ほど前から健康食品を展開しております。超臨界×健康食品など、新たな切り口の可能性があるなと、好奇心を揺さぶられました。非常に楽しい講義をありがとうございました。
  • 直接ではないが間接的に当社事業に役立てることができるのでは?というものもあり勉強になりました。匂いで生活習慣病予防やメンタルヘルスケアにも取り入れられそうですし、お客さまのライフプランに合わせて様々な方面からアプローチできる知見を得られ勉強になりました。

過去のSAC月例会 事務局レポートはこちら
過去のSAC月例会 参加者の声はこちら
SAC月例会にご興味のある方はこちら

あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ