SAC東京6期コースⅡ第1回月例会 参加者の声

5月12日、SAC東京コースⅡ第1回月例会 参加者の声

5月12日、SAC東京6期 第1回月例会開催されました。

講師は、東北大学 加齢医学研究所 所長 兼 スマート・エイジング学際重点研究センター所長の川島隆太教授。講義テーマは「脳科学を応用して新産業を創成する②」でした。

第6期コースⅡの最初の月例会では、川島教授による脳科学の産業応用の最新動向についてでした。まず、様々な脳機能イメージング装置で何ができるかの基礎知識を次の項目で確認していきました。

    1. 脳機能イメージング装置の違いは?
    2. ブレインマッピングとは?
    3. デコーディングとは?
    4. ニューロ・マーケティングとは?
    5. コミュニケーションの質の定量化

そのうえで、最新応用事例として世界中の経営者が関心を持っている「マインドフルネス瞑想」を取り上げ、瞑想アプリの作成と社会実装の詳細についてお話されました。

最後に「バーチャルリアリティによる疑似運動」と脳活動の関係、「高齢者の安全運転能力向上脳トレ」など最新事例を通じて、脳科学からビジネスを生み出す際の勘所をお話いただきました。

脳機能イメージング研究の第一人者が脳科学と社会実装を余すことなく語る貴重な機会となりました。参加された皆様からいただいたご意見やご感想を掲載します。


ご意見・ご感想(抜粋)

講義が参考になった理由は?

  • マインドフルネスなど、新しい試みをお聞かせ頂きありがとうございます。
  • VRをつかった実験での実験は大変興味深く拝聴しました。実際に運動したかのように、心拍数がアップするなど、初めて伺う内容でした。高齢者運転シュミレーション以外にも、VRと脳の関係を活かした社会実装などに取り組まれると面白いと感じました。
  • 認知科学の応用事例として、バーチャルリアリティによる疑似運動、認知運動トレーニングの応用事例として、高齢者の安全運転寿命促進など、今後に期待できると興味深くお伺いしました。
  • 思っている以上に分析手法は進化しているということを学べました。既存のインタビューやアンケート調査では、どうしてもバイアスがかかるので、この脳の反応を直接確認する、というのは大きな転換点になる気がします。
  • 脳内の活発な活動の話だけでなく、脳活動の下がる場所や活動の抑制の視点が面白く、そこから癒し・瞑想に展開していることで今後の研究結果に興味が湧きました。
  • 脳トレの高齢者における効果について、非常に参考になりました。弊社のお客様は7割以上が50代以上。脳トレをテーマにした講演会や、自宅でも継続するための意識付けイベントなど、企画につなげられる知見を得られました。
  • たった一年ですが、技術はどんどん進んでいるのだ、ということを強く感じました。最先端の情報を専門外の人間にもとても分かりやすく説明いただくので、その技術を事業にどのように活用できるのか/できないのかを考えることが出来ます。と言ってもこちらが考えるようなことは川島先生がとっくに十二分に事業可否を練られていますが。。。ご一緒できるような案を練り上げたく存じます。
  • 初めてのリモート研修。だけど川島先生の語りは明快で、分かりやすく最新の情報を教えてくださり、とても価値ある時間になりました。
  • コミュニケーションの質の定量化については、活用の可能性を感じたため
  • 脳科学で何ができるかに関して、最先端の話が聞けて興味深かったです。人との相性、運動した気になれるという部分に関しては今後のビジネスに大いにつながりそうなので、より調査が深まっていけば面白いことができそうだと思いました。また、マインドフルネスに関しては今後必ず来ると思っていましたので、そこに脳科学の後ろ盾があればよりビジネスチャンスになっていくと思い興味深く聞くことができました。
  • 弊社はシステムインテグレーターとして、多くのお客様のシステム開発をお手伝いしています。また、親会社が電通であり、ニューロマーケティングについて大変興味深かったです。
  • 川島先生の活動の最新動向を知ることが出来たから。
  • マインド脳科学関連の基礎知識や最新動向のみならず、ニューロマーケティング・マインドフルネス瞑想・VRによる疑似運動・高齢者安全運転向上脳トレ等、ビジネス化に向けて検討がなされている具体的事例を紹介頂いた点が、イメージを掴むのに非常に役立った。
  • ニューロマーケティングやDMNなど何となく知っていた脳活動の応用について、理論的なものを学ぶことができたから。
  • 脳機能のイメージングについて分かりやすくご説明いただき参考になりました。様々な例とともにご説明いただいたので、活用可能性のイメージが湧きやすく様々な可能性を考えるきっかけとなりました。
  • 脳科学を応用することで、新たなビジネスチャンスがまだまだあるということに大変興味を覚えました。今のコロナの環境下、外で運動出来ない方向けにVRを活用しての有酸素運動が可能とは正直驚きましたし、またそれが今の社会課題である高齢者事故防止にも繋がるとは、脳科学の更なる拡がり、可能性を感じました。
  • 脳の活動から本人の感情や思考が読み解けるというのはとても興味深かった。また、個人のことだけでなく、脳活動が複数人のコミュニケーションの質と関係しているかもしれないという話はコミュニケーションという定義もあいまいでなかなか見える化できないけど人間社会において非常に重要なものを把握する上でとても有用と思った。今後の研究の成果を楽しみにしています。
  • 川島先生のご講演は何度か拝聴しているが、聞いたことがあると思っていた内容でも、正しく理解できていなかったり、対象が異なると脳反応部位が違うこともあるなど、改めて勉強になった。
  • 講義がわかりやすく、話し方も聞きやすかったです。また、技術的な話、実証結果とビジネス活用の面での話があり参考になりました。
  • 脳機能イメージングについて、コンパクトにご説明いただき、全体像・トレンドを理解することができました。
  • 脳の活動状態の計測を可能にすることで、様々なビジネスへの活用が期待され、実際にビジネスにも展開されつつある最新の脳科学の実態を知ることができた。各社が行っているサービスやPR活動がちゃんと狙った通りの効果を測る手段は、アンケートなどでは行えるが様々な要因の影響を受けるため判断が難しいことがあるが、脳科学を活用することで、より直観的な心の動きを把握し様々なサービスをより向上させていくためのきっかけを知ることができた。
  • 一般的にいわれている「脳波」とは何かから始まり、各測定方法による違いを明確に分かりやすく説明いただけた。また脳機能イメージングによる脳の働きの分析結果・事例を紹介いただき、新規ビジネス創出にむけた多くの情報を取得できた。
  • 現在、弊社では新たな事業を東北大学 村田先生・㈱NeUにお力沿い頂き立案中である中、その打合せ時にも話が出る脳活動(脳機能向上)に対する内容が多数あって、改めて勉強させて頂きました。尚、ニューロマーケティング、ビジネス活用の観点からは、顧客心理をアナログでのアンケートやデジタルでのWEB/アプリ等で収集するでなく、その前段階で「心理そのものを脳に聴く=社会的メッセージや、コミュニケーションも脳活動(=反応)から読み取る」という考え方は大変興味が湧きました。
  • 脳に関する最先端の研究状況を知ることができたため。
  • 脳と身体の関係についてVRによって心拍が上がるなど疑似運動体験までできるというのは驚いた。今後の継続検証でその効果の持続性や深度によってはとても画期的な技術が生まれそうな期待を持ちました。また番外編ではありましたが、コロナに関するAIの結論も興味深かったです。巷でも東南アジア系が先に感染者が膨らみかけたのが今は沈静化しているなど類似のニュースを見たことがありますが、データ上もそうなのだと思うとこれからの高温多湿な夏にも期待が持てました。その間に冬に向けてまた個々の生活の仕方でどんな準備ができるかは大事だと考えております。
  • 特にニューロマーケティングのコミュニケーションシンクロの部分が参考になりました。
    阿吽とか、息の合った連携とか言う言葉を聞きますが、それが脳科学的にも証明されていることがとても印象に残りました。働き方改革で生産性向上が問われる時代で、新たなビジネスにつながるような気がします。
  • 脳科学を応用した最新のビジネス事例について知ることができました。
  • 脳機能イメージング装置には、様々な種類が存在するが、各々強み、弱みがあることと、NIRSが軽量でどこでも測定可能で汎用性が高いというのは大変興味深かったです。また、瞑想とNIRSを用いた脳科学的解析からその妥当性(心が疲れづらくなる)を示していること、VR画像で本当に心拍が増加しているというのは大変興味深く、様々な応用の可能性を秘めていると感じ、大変参考になりました。
  • マインドフルネスの重要性、効用がわかり、目からウロコでした。最近では、寝付きを良くするために瞑想アプリを使用してましたが、その程度のものと思っておりました。
  • マインドフルネス瞑想に関して大変興味深い内容でした。数息法をしばらく実践してみるつもりです。

アイスブレイクが有用だった理由は?

  • 村田先生のアイスブレイクは毎回大変勉強になります。コミュニケーション時の脳のシンクロ活動などでの集団見合い話にはちょっとした笑いが生まれました。マインドフルネスを掘り下げてくださったことも興味のある分野であったため、ありがたかった。
  • 難しい専門用語などを都度確認いただき、理解が深まりました。単元ごとに確認していただけたので、更にわかりやすかったです。
  • 楽しい掛け合いの中で、いろいろな学ぶがありました。聞いていいのかな、と思うような内容も、どんどん聞いていただけたのでよかったです。
  • 村田先生のアイスブレイクは、今回はオンラインということもあり、こまめに入れてくれて助かりました。今回の講座内容はかなりレベルが高かったので
  • 4回に分けてアイスブレイクされたのは、頭の整理になってとても良かったです。
  • 3度に分けてアイスブレイクしてくださるというのも初の試みでしたが、最後に一度よりも
    集中力を保てるし、疑問点も早く解説してくれるのでその後の講義内容も頭に入りやすく、良かったです。
  • 要点をまとめてもらい整理できたため
  • 今回15分ごとに区切ってアイスブレイクしていただいたのは次の話への理解の助けとなりましたのですごくよかったと思います。
  • 共通で想定される質問をしていただき、その後の質問をより自らに近いものに絞ることが出来ると思いました。
  • 普段と違い、今回は講義の途中に適宜アイスブレイクを入れて頂いたことで、リモート環境下でも非常に集中して講義を聴くことが出来た気がします。
  • 質問/回答頂く観点が理解促進に役立った(自身では思い浮かばない質問だが聞くことにより理解が補完された)。
  • 難しい内容であったため、ポイントの整理をするのに役立ちました。
  • 中々その場では聞きづらい内容を的確に質問して頂け、大変有難いと思います。
  • そのセッションの理解が深まりやすくなるように平易な言葉で説明を促してくれるから。
  • 心地よさについて、マッサージでもペット触ってるときでも同じ箇所が抑制されるという話を聞けたから。
  • 自身ではことばにすることが難しい内容を、代弁していただいているように思えました。
  • 今回は、講義の間で複数回で行っていただき、記憶が新しいうちにさらに理解を深める、または定着させるために非常に有効であったと感じます。ありがとうございました。
  • 各セクションの講義内容を掘り下げて議論いただき、次工程のグループセッションでの議題につながるきっかけとなった。
  • 村田先生より一部振り返りも含めてのアイスブレイク時間、ここで一度間を取って頂いて、その時間を活用して、整理することにも繋がられたので良かったと思います。
  • 自分では気が付かなかった疑問点とその回答を知ることができたため。
    脳波、脳血流の差異、睡眠に関しては今も「脳波」がよく用いられている件について深堀していただき理解が深まりました。
  • 気が付かない気づきを質問していただき、新たな発見につなげることができました。
  • 今回は、講義の途中でのアイスブレイクでしたので、適宜、振り返ることができました。
    途中で村田先生のポイントをついた大変鋭いご質問、いつも気付きがあり大変有益と思いますので継続して頂きたく存じます。
  • 通常講義と違って、複数回にわたってアイスブレイクをして頂いたので理解しやすかったです。
  • スルーで行くのではなく一旦立ち止まる時間は必要です。自らもこういう方法を取り入れていきます。
  • ポイントの整理ができたので。

グループトーク、グループ質疑が有用だった理由は?

  • 初めてのMeetでのグループ討議であり、最初はぎこちなかったが徐々に討議が弾んできた。
  • お互いの気づきを知ることができるから。オンラインだったが、リーダーの方のコミュニケーションのとり方も適切でやりやすかったです。
  • 5名予定が1名参加されずでしたが、4名中3名がグループトーク経験者で進めやすかったです。もう少し深掘りしたいところが人によって違うので、刺激になりました。が、同時に何を聞きたいのかを音声だけで共有するのはなかなか難しく、チャット機能の活用もできたらよいかと思われます。今回はiPadのアプリ参加で話しながらのテキスト入力も難しくできませんでした。と書きながら気づきました。話しながら音声入力ボタン押しておけば、話した言葉が全部チャットのテキストになりますね…今後もオンラインが続くなら実験してみようと思います。顔が見えないのはやりにくいので、グループトークではできるだけカメラONを呼び掛けていただきたいと思います。
  • オンラインでしたが、顔の表示がされていない方がほとんどだったので、やはり顔を見て話したいと思いました。
  • 他グループの質問で、私が聞きたかったことをお聞きいただいた。
  • クループ別に質問をするのは、質問を平等にするという意味ではとても有効だと思いました。
    それぞれの理解を共有することで、疑問が解消することがあった。
  • オンラインであるが故、ファシリテーターを中心に質問の背景深堀等は難易度が高かったと思うが、各自が適切に発言できるように配慮頂いた。
  • 各参加者の仕事内容によって問題の所在が異なり、自分とは違う観点にいくつも気づかされたから。
  • 皆さんがどいう言ったところに興味を持っているかがわかる。
    自グループは2問とも自分に関心の高い運転能力向上脳トレに関する質問を選択してもらえたから。VR研究で慣れが出づらいと言う話も興味深かった。
  • 他の参加者が自分とは異なる視点の疑問がたくさんあり、参考になった。また、自分のグループ内で落とした質問が他のグループでされていたため。
  • 日常業務においては、異分野の方の課題を聞く機会がなかなかないので、新鮮に感じられました。
  • 参加されている異業種の方からの質問を聞くことで、新たな観点などの気づきをえる良い機会となりました。
  • 講義内容をもとに次期ビジネスの創出を視野に入れつつ、それに関連する確認・質問をグループ内で協議きた。特に他業種の方と意見交換することで、自身では気づかなかった観点も出され、視野を広げる良いきっかけとなった。
  • 自分では気が付かなかった疑問点とその回答を知ることができたため。
  • それぞれの企業が求めている(期待している)ビジネスニーズを知ることができました。
  • 参加している方々のバックグラウンドが異なるため、各々の参加者が考えること、見る視点が異なり、気づきが多いです。皆さん大変興味を持っている分野であり、特にビジネスへの応用という側面から、どのように脳科学、脳活動測定を使っていくか、今後大きな影響を及ぼす領域であり、他分野同士を議論してうまくアイデアを融合させる形で使い方を考えていく必要があると認識できたため。
  • 積極的なメンバーだったので、楽しみながら、議論が深まり、良かったです。
  • 関心を持つポイントがそれぞれ違うため、なるほどと思うこともあった。
  • いろんな視点で講義内容をとらえることができた。

過去のSAC東京月例会 事務局レポートはこちら
過去のSAC東京月例会 参加者の声はこちら

あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ