SAテストベッド研究会

スマート・エイジングの4要素(運動・認知・栄養・社会性)をテーマに東北大学キャンパス内にテストベッド(試験台、試験を行う場所)を設置し、市民参加型の実証研究を行いながら新たな商品開発を推進します。

活動内容

1.内容

①SAの4要素(運動・認知・栄養・社会性)をテーマに設置
②テストベッドごとに「幹事企業」を設定

2.テストベッドの場所

片平キャンパス、川内キャンパス、青葉山新キャンパス

3.研究会活動

①テストベッド、大学キャンパスの見学会:半年に1回
②検討会:2か月に1回開催
a.幹事企業・東北大学との共同研究機会の探索
b.幹事企業との協業機会の探索

4.活動開始時期

2021年9月予定

5.参加資格

2021年度SAカレッジのいずれかのコースに参加していること

東北大学でのテストベッド実施のメリットは?

  1. 企業のメリット
    ①研究実施時に被検者が集まりやすくなる
    ②信用が上がり、利用者が増える=売上が増える
    ③優秀な学生のリクルート機会が増える
  2. 大学のメリット
    ①若い研究者が年配者をよく理解できる
    ②研究費獲得機会が増える
  3. 両者のメリット
    ①社会的注目度が上がり、メディア露出が増える
サブコンテンツ

このページの先頭へ