北川 尚美 教授

北川 尚美(きたかわ なおみ)教授

東北大学大学院工学研究科化学工学専攻・教授

専門:
反応プロセス工学

一言で言えば:
ものづくりのための新たな方法を見出し、その数理モデル化と装置化を行っている

プロフィール:
1989年3月東北大学工学部化学工学科卒業。1994年3月同大学院工学研究科博士後期課程化学工学専攻を修了。博士(工学)を取得。同年5月東北大学反応化学研究所(現 多元物質科学研究所)助手
2002年10月大学院工学研究科 准教授を経て2017年5月工学研究科教授。研究分野は、反応工学、生物化学工学、プロセス設計。2018年6月、フロー型反応分離システム(イオン交換樹脂法)の社会実装を目的としたファイケム・プロダクツ株式会社を設立。グリーン・サステイナブル ケミストリー賞文部科学大臣賞(2018年)、化学工学会賞2019年度研究賞を受賞

主な著書:
Lipid Oxidation Pathways, Chapter 5, AOCS Press (2003), Energy Technology Roadmaps of Japan, Chapter 35, Springer (2016), Biofuels Production and Processing Technology, Chapter 10, CRC Press (2017), 分離プロセスの最適化とスケールアップの進め方, 第11章2節, (株)技術情報協会(2019)

産学連携実績:
・バイオ燃料(脂肪酸エステル)の製造技術、健康機能物質(ビタミンE類など)の回収技術、バイオマス由来界面活性剤の製造技術、などのテーマで産学連携研究を実施

独自ホームページなど:
東北大学大学院化学工学専攻反応プロセス工学分野ホームページ

サブコンテンツ

このページの先頭へ