SAC東京とは

東北大学スマート・エイジング・カレッジ(SAC)東京とは、東北大学の健康寿命延伸・スマート・エイジング分野の精鋭教授陣が、企業の経営者・実務担当者からなる受講生に対して、東北大学の研究シーズ情報をレクチャーとディスカッションの形で提供し、企業の健康寿命延伸ビジネスのイノベーションを促進する事業開発支援活動です。

sact_contents_sactokyo1近年世の中の変化の速度が速くなり、民間企業において長期的な研究開発を継続することが難しくなってきました。

さらに、事業化活動においても各分野の専門性が強く求められる一方、分野横断的な理解と研究開発から事業化への橋渡しができるプロデューサー的な役割の重要性も増しています。

しかしながら、そうした高い専門性をもちつつ、異分野を統合的に深く理解して、研究開発を収益事業に発展させる研究者・企画者を民間企業1社で抱えるのはかなり困難です。

SAC東京は、「加齢医学の基礎」から「シニアビジネス」まで健康寿命延伸ビジネスに必要な最先端の研究開発動向と事業化のための知恵を包括的・網羅的に提供する民間企業にとっての「外部ブレーン」としての役割を担います。

SAC東京月例会

sact_contents_sactokyo2

サブコンテンツ

このページの先頭へ