小川利久 事務局長

sact_lecturer21_ogawa.jpg小川利久(おがわ としひさ)
スマート・エイジング学際重点研究センター
スマート・エイジング・カレッジ東京 事務局長

専門:
高齢者福祉・介護福祉マネジメント

一言で言えば:
介護福祉経営の第一人者

プロフィール:
81年新潟大学卒、民間企業での事業企画、シルバー事業等の企画コンサル業務を経て、01年、個室ユニット型特別養護老人ホームのモデル事業を立上げ。03年より東京都公募採択のユニット型特別養護老人ホーム施設長として認知症ケアの非薬物療法である学習療法を導入実践、看取り援助システムを開発。15年エイジング・サポート代表取締役。同年10月よりスマート・エイジング・マネジメント・スクール(SAMS)開校、主任講師。厚生労働省、神奈川県などの高齢者介護関連委員会の委員などの公職を歴任。13年4月、シンガポールで開催されたEldercare Innovation Awardsにてユニットケア、口腔リハビリ、学習療法、看取り援助の統括的ケアシステムが評価され、部門最優秀賞受賞。

主な著書等:
いのちをつなぐ看取り援助~特養の介護を支える経営と看護から(共著、エイデル研究所)、点滴はもういらない(共著、ヒポ・サイエンス出版)

独自ホームページなど
エイジング・サポートブログ
フェイスブック

サブコンテンツ

このページの先頭へ