行場次朗 教授

sact_lecturer17_gyoba.jpg行場次朗(ぎょうば じろう)教授

文学研究科心理学講座
専門:実験心理学、感覚知覚心理学、感性心理学、認知心理学

プロフィール:
1981年東北大学大学院文学研究科博士課程心理学専攻修了.信州大学人文学部助教授、九州大学文学部助教授を経て、2002年より現職。基礎心理学会常務理事(現在まで)、認知心理学会理事長(2012~2015)、電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループ委員長(2007) 日本感性福祉学会副会長(2009~現在まで)

主な著書:
共著書,「知性と感性の心理」(福村出版),「視覚と聴覚」(岩波書店)など.など多数。

産学連携実績:
㈱デンソー 学術指導「先端材料等に関する学術指導(文)」(2011年度〜2013年度)
BASFコーティングジャパン株式会社・JFE鋼板株式会社 学術指導「仮設住宅の壁色における心理効果の検証」(2011年度〜2013年度) 花王株式会社基盤研究センター感性科学研究所 学術指導(2015年度~)

独自ホームページなど:
行場次朗 教授ホームページ

講義テーマ: 五感を介した感性特性の分析と評価

サブコンテンツ

このページの先頭へ