本橋 ほづみ 教授

sact_lecturer07_motohashi.jpg本橋 ほづみ(もとはし ほづみ)教授

加齢医学研究所
加齢制御研究部門 遺伝子発現制御分野
専門:生化学・分子生物学

一言で言えば:
わが国の酸化ストレス応答研究の第一人者。

プロフィール:
1990年東北大学医学部卒。東北大学医学部耳鼻咽喉科にて初期研修医。同大学院を1996年に修了。筑波大学、米国ノースゥエスタン大学を経て、2007年より東北大学大学院医学系研究科准教授。2013年より、加齢医学研究所教授。大学院時代から一貫して、遺伝子の転写制御機構の解明に挑んでおり、現在は酸化ストレス応答性転写を制御するタンパク質NRF2と疾患の関係を研究。特に、がんの悪性化と慢性炎症におけるNRF2の役割の解明に注力している。さらに最近、アルツハイマー病の予防/改善におけるNRF2の意義の解明に着手している。

主な著書:
分担執筆  Oxidative Stress in Vertebrates and Invertebrates. Wiley-Blackwell. Edited by Farooqui T and Farooqui AA. 2011

産学連携実績:
AMED CREST「環境応答破綻がもたらす炎症の慢性化機構と治療戦略」の分担研究者
(代表者:東北大学大学院医学系研究科教授 山本雅之)
現在、食品関連/創薬関連の産学連携を模索中。

独自ホームページなど:
加齢制御研究部門 遺伝子発現制御分野

講義テーマ:
酸化ストレス防御と健康

サブコンテンツ

このページの先頭へ