筒井 健一郎 准教授

筒井 健一郎(つつい けんいちろう)教授sact_lecturer10_tsutsui

生命科学研究科
脳情報処理分野

専門:
神経生理学、生理心理学、認知行動神経科学

一言で言えば:
サルを使った高次脳機能研究のエキスパート。

プロフィール:
99年東京大学大学院博士課程修了、博士(心理学)。日本学術振興会特別研究員(日本大学医学部生理学所属)、ケンブリッジ大学解剖学科助手を経て、05年東北大学大学院生命科学研究科・助教授。07年職階制変更により准教授、現在に至る。03年日本神経科学学会奨励賞、09年日本心理学会国際賞奨励賞受賞。動物実験による脳内報酬系や前頭葉の高次脳機能の基礎研究が専門。最近はうつ病のメカニズムの解明にも挑んでいる。

主な著書:
原著論文のほか、「カールソン神経科学テキスト 脳と行動」(丸善)(共訳)、「心理学辞典」(誠信書房)(分担執筆)、「心理学辞典」(平凡社)(分担執筆)など多数。

産学連携実績:
東北大学-トヨタ共同プロジェクト「高齢者の安全運転支援システムの開発」に参画。2013年から、文科省脳科学研究戦略推進プログラム「BMI技術」にて、うつ病のメカニズムの解明とTMS治療法の最適化など。

独自ホームページなど:
生命科学研究科 脳情報処理 分野

サブコンテンツ

このページの先頭へ