旅行が認知症予防にもたらす効果について共同研究を開始

7月6日 クラブツーリズム×東北大学

blog160707e

KNT-CT ホールディングス株式会社のグループ会社であるクラブツーリズム株式会社と、東北大学加齢医学研究所は、旅行が脳にもたらす健康作用についての共同研究を、2016 年7 月より開始しました。

クラブツーリズム株式会社はSAC東京の第1期からの参加企業であり、昨年の月例会での瀧靖之教授の講義をきっかけに本共同研究が実現しました。

クラブツーリズム株式会社プレスリリースより抜粋

本共同研究は、シニア世代の旅行に強みを持つクラブツーリズムと、脳科学分野の世界的権威である東北大研究所が連携し、同研究所の「生涯健康脳」研究の一環として、「旅行」と「認知症予防・抑制」の相関関係について医学的見地から調査・研究するものです。具体的には、東北大研究所の瀧靖之教授とクラブツーリズムが共同で、「旅行に行く頻度の高い高齢者は主観的幸福感やストレスコーピング(対処)能力が高く、認知機能が保たれている。また、旅行前・旅行後で脳に変化があり、主観的幸福感は向上、認知機能は低下抑制が見られる」という仮説を、今後3 年間かけて、検証していきます。

事前調査として、2016 年5 月に45 名のお客様を対象にアンケートを実施したところ、頻繁に旅行に行くほど、あるいは明確な動機を持って旅行に行きその動機が満たされるほど、主観的幸福感が高くなる可能性が示唆されました。

クラブツーリズムは、60 歳以上のお客様が参加者の約65%を占める旅行会社であり、旅先で何をするかを重視した目的志向型の「テーマ旅行」を業界の先駆けとして提案してきました。本研究を通じて、旅行による健康改善効果や脳・認知機能へのポジティブな影響を科学的に解明することで、お客様の健康や自己実現、社会全体の喜びに資するより質の高い商品やサービスを提供していきます。共同研究の実施にあたっては「旅行」と「脳の健康」に関連する各種ツアーや講座、イベントなどの実施を予定しています。

詳細は下記プレスリリース、ホームページを参照ください。

クラブツーリズム株式会社プレスリリース

東北大学プレスリリース

クラブツーリズム株式会社ホームページ

瀧靖之教授プロフィール

 

 

あわせて読みたい関連記事

    None Found
サブコンテンツ

このページの先頭へ