野内 類 准教授

野内類 (のうち るい) 准教授

加齢医学研究所

専門:
心理学、認知健康科学

一言で言えば:
生活介入による生活力向上の研究の第一人者。日々の生活を良くするための工夫(Tips)を探す研究をしています。

プロフィール:
2008年中央大学文学研究科博士課程修了(博士(心理学))。2009年東北大学加齢医学研究所スマート・エイジング国際共同センター研究員、2011年日本学術振興会特別研究員(PD)、2013年東北大学災害科学国際研究所助教、2015年より東北大学学際科学フロンティア研究所助教、2016年レディング大学客員研究員、2017年東北大学スマート・エイジング学際重点研究センター准教授。2018年より東北大学加齢医学研究所准教授(文部科学省・卓越研究員)。

「どうしたら記憶成績は良くなるのか?」・「なぜ落ち込んでいる時にはネガティブなことばかり考えるのか?」・「脳トレは効果があるのか?」など日常的な疑問を明らかにするために、心理学・脳科学・疫学的な手法を用いて研究しています。

主な著書:
認知心理学の冒険:認知心理学の視点から日常生活を捉える(編著、ナカニシヤ出版)、Q&A心理学(編著、ナカニシヤ出版)、心の科学―理論から現実社会へ(共著、ナカニシヤ出版)など。

産学連携実績:
カーブス、くもん、シャープ、カゴメ、金印、明治などと川島隆太教授と共に共同研究を実施。シヤチハタと防災スタンプラリーの開発など。

独自ホームページなど:
Researchmap

サブコンテンツ

このページの先頭へ