東北大学スマート・エイジング・カレッジ東京を設立

2015年3月25日 東北大学加齢医学研究所

sact_contents_researchcenter2東北大学加齢医学研究所(所長:川島隆太教授)は、複数の異業種企業*の健康寿命延伸ビジネスのイノベーションを支援する「東北大学スマート・エイジング・カレッジ(SAC)東京」15年4月より東北大学東京分室に設立します。

東北大学の精鋭教授陣が、企業の経営者・実務担当者に対して、「加齢医学の基礎」から「シニアビジネス」まで最先端の研究開発動向と事業化の知恵を包括的・網羅的に提供、SAC東京は民間企業にとって健康寿命延伸ビジネスの「外部ブレーン」としての役割を担います。

*3月25日現在、33社の参加が決定しています。

参加企業一覧はこちら

プレスリリース全文はこちら

あわせて読みたい関連記事

    None Found
サブコンテンツ

このページの先頭へ