1月20日スマート・エイジング特別セミナーへのご招待

2015年12月22日 SAC東京事務局

SAseminar0120来る2016年1月20日(水)、東京・丸の内の東北大学東京分室において、東北大学加齢医学研究所附属スマート・エイジング国際共同研究センター(SAセンター)主催で「スマート・エイジング特別セミナー」を開催します。

今回の案内は、この特別セミナーへのご招待です。セミナーは、川島隆太教授と村田裕之特任教授による講演となります。

セミナーへの参加は無料です。ただし、法人の方限定です。一般個人の方や個人事業主の方は対象外とさせていただきます。

セミナーへの参加は事前登録が必要です。参加ご希望の方は、次のセミナー概要を確認のうえ、最下部に記載の「参加申込ページ」にてお申し込みください。

なお、各回とも定員50名です。お申込み者多数の場合は抽選とさせていただきます。当選者には、セミナー開催1週間前までに受講証をお送りします。

<スマート・エイジング特別セミナー概要>

■日時:2016年1月20日(水)
第1回:15:00-16:00
第2回:16:45-17:45

■場所:東北大学東京分室
千代田区丸の内1-7-12、サピアタワー10階
JR東京駅日本橋口徒歩1分

■プログラム:2回とも同じ

●講演1: なぜ、今スマート・エイジングなのか?脳科学研究の最先端動向と今後の方向
東北大学加齢医学研究所長
スマート・エイジング国際共同研究センター長
川島隆太 教授

●講演2:2016年のシニア市場を読み解く視点とSAC東京の役割
東北大学加齢医学研究所
スマート・エイジング国際共同研究センター
村田裕之 特任教授

●司会
東北大学スマート・エイジング・カレッジ東京
小川利久 事務局長

<東北大学スマート・エイジング・カレッジ東京(SAC東京)について>

東北大学SAセンターでは、2015年4月より「東北大学スマート・エイジング・カレッジ東京(SAC東京)」を開講しています。

SAC東京は、企業の経営者・実務担当者に対して「加齢医学の基礎」から「シニアビジネス」まで最先端の研究開発動向と事業化の知恵を包括的・網羅的に提供し、健康寿命延伸ビジネスを多様な角度から支援する「事業支援カレッジ」です。

講師陣は、脳機能開発研究、脳の発達研究、運動学研究、免疫機能学、高次脳機能研究といった加齢医学分野に加えて、化粧心理学、コーチング研究、予防医学・疫学部門といった社会応用分野、さらには加齢経済学、シニアビジネスまで、各分野のトップランナーが勢ぞろいしています。

例えば、民間企業との産学連携で、これまで数々のヒット商品を生み出してきた加齢医学研究所長の川島隆太教授をはじめ、近著「生涯健康脳」が大ヒットし、その研究成果が社会的注目を集めている加齢医学研究所の瀧靖之教授「健康寿命」の提唱者であり、介護予防の導入や健康日本21(第二次)の策定に関与されてきた辻一郎教授など著名な方ばかりです。

SAC東京は、健康寿命延伸・スマート・エイジング分野での事業を検討中の企業にとって、最先端動向を包括的・網羅的に把握する絶好の機会になると思います。

2016年4月から開講予定の第2期では、コースⅠ、Ⅱそれぞれ12コマとなり、第1期の年間12コマから倍増し、内容も一段と充実します。

第1期参加企業の皆さんが第2期ではコースⅡを受講されるのに伴いコースⅠへの新規参加者を募集しています。

企業の規模、業種は問いません。異分野の話から自社の事業に結びつけて考えていく姿勢をお持ちの積極的な方を歓迎します。

今回のセミナーでも、さらに広く多くの企業の皆様にご参加いただけるよう、お声掛けをさせていただきます。

<セミナーへの参加申込要領>

次の「参加申込ページ」からお申し込みください。
参加申し込みは、原則1企業2名様までとさせていただきます。
1企業2名様お申し込みの場合でも1名様ずつ個別に入力お願いします。

スマート・エイジング特別セミナー参加申込ページ
応募を締め切りました

スマート・エイジングという生き方

あわせて読みたい関連記事

    None Found
サブコンテンツ

このページの先頭へ