開催案内:コースⅣ第5回月例会(8月9日開催)

月例会概要

内容:フォローアップ・ミーティング
講義:「高齢期の口から食べる力について」
講師:小林悦子 SAC東京ファシリテーター、(進行)小川利久 SAC東京事務局長

今回の月例会会場は東北大学東京分室(丸の内サピアタワー)です。 お間違えないようお越しください。

コースⅣの目的は、これまでSAC東京で学んだことを活用し、「介護施設体験ワークショップ」と「SACBワークショップ」を通じて、新たな切り口の介護ビジネスを開発することです。

第5回では、 まずはテーマ「高齢期の口から食べる能力について」の講義を行います。

  1.  高齢期の身体について
  2.  口から食べる力とは〜口腔ケア、摂食嚥下機能評価と食事サービス
  3. 誤嚥性肺炎〜入院するとどうなる?

高齢期の食生活は重要です。栄養面だけではなく口から食べる、飲み込む能力を紐解いてケアビジネスへの応用をディスカッションしていきます。

さらに、第4回の介護施設体験ワークショップ(銀木犀浦安)を振り返ります。 「特別養護老人ホーム」と「サービス付き高齢者向け住宅」の違いを理解することは容易なことではないと思います。 ビジネスへ応用するため、制度、ターゲット、ニーズ、サービス、将来性などをもう一度深掘りしてみましょう。

次に、これまでの月例会で行ってきたケア情報の整理を行って行きます。 これは各参加企業の「個別テーマ」と「共通テーマ」を絞り込むために行います。

ケアに関する情報はマスコミなどの報道などからも相当増えつつあります。しかし、現場で見聞きしたものと乖離があるのではないでしょうか。 また、ケアの受け止め方は人それぞれの価値観や経験によって様々です。 ここをもっと知りたい、これを深掘りしたいなどの個別のご質問も増えてきました。 あらためて、これまでの講義、2回の視察体験ワークショップから得た情報を整理してみましょう。

事前提出物はありません

スケジュール(予定)

<日時:2017年8月9日(水)14:00~17:00(受付時間13:45~13:55)
会場: 東北大学東京分室(千代田区丸の内1-7-12、サピアタワー10階)

13:45-13:55 受付(サピアタワー3階総合受付を経て10階へお上りください)
14:00-14:05 開始・事務局連絡(5分)
14:05-14:45 講義「高齢期の口から食べる力について」(40分)
14:45-15:45 介護施設体験ワークショップ(銀木犀西新井)の振り返り(60分)
15:45-15:55 休憩・名刺交換(10分)
15:55-16:55 ディスカッション「これまで提供してきたケア情報の整理」(60分)
16:55-17:00 事務局連絡(5分)
17:00    終了

出席者ご確認のお願い

  1. 今回ご出席の方は、8月1日(火)正午までにこのページの下部にある出欠確認フォーム」よりご登録ください。
  2. 月例会は同一企業の方であれば、登録1口につき1名様、どなたでも参加可能です。
    連絡担当窓口の方は、どなたかにご出席頂けるよう調整ください。
  3. ご入力頂いたメールアドレスあてに入力内容確認のメールが届きます。
    メールアドレスは間違いのないようにご入力ください。
  4. 月例会当日に参加者名簿をお配りします。名簿には本出欠確認に基づく「会社名」「氏名」を掲載します。

出欠確認フォーム

必要事項ご入力、出欠を選択のうえ、送信ボタンをクリックしてください。


お名前 (必須)

会社名 (必須)

メールアドレス (必須)

※このアドレスあてに事務局からメールが届きます。正確に入力ください。

次から選択してください(必須)
 月例会 出席欠席

月例会に初参加の方は下記にチェックをいれてください
 初参加

通信欄:事務局への連絡事項がありましたらご入力ください

入力内容はOKですか?
OKなら次にチェックを入れてください


当日受付手順

サピアタワー3階の総合受付を経て、エレベーターにて10階までお上がりください。
10階東北大学東京分室にて13時45分から受付します。

当日のお願い

  1. 当日はお名刺を必ずご持参ください。
  2. 月例会受付時間は13:45~13:55です。時間厳守でお願いいたします。
  3. 受付開始時間前および月例会開始後は入場できません。
  4. やむを得ず欠席、遅刻する場合は事前にご連絡ください。
  5. 「当日入館カード」は3階セキュリティゲートから退出の際に返却ください。

お問合せ先

東北大学スマート・エイジング・カレッジ東京事務局
TEL:03-6225-2546(9:30~17:30、土日、祝日除く)
e-mail:sact@grp.tohoku.ac.jp

サブコンテンツ

このページの先頭へ