開催案内:コースⅡ第11回月例会(2月22日開催)

月例会概要

講義テーマ: 脳機能イメージングによる人間理解~その新発想を製品・サービスの開発に活かす
講師:杉浦元亮(すぎうら もとあき)教授
所属:加齢医学研究所 災害科学国際研究所 兼務

専門:脳機能イメージング
プロフィールこちら

今回の月例会会場は東北大学東京分室(丸の内サピアタワー)です。 お間違えないようお越しください。

講義概要

脳機能イメージングは、巧妙に設計した認知課題中の脳活動を計測することにより、様々な人間の認知や行動を司る脳内情報処理過程を明らかにする手法です。この手法を使って、例えば「自己とは何か」といった人間の本質に迫ることができます。

このような脳からの人間理解は製品・サービス開発にも活かせるはずです。特に、様々な「価値」に対する脳反応を調べると、脳機能イメージングはしばしば
「意外な回答」をもたらします。脳機能イメージングからの知見を製品・サービス開発に活かす手法について、数多くの具体例で考えてみましょう。

予習教材

脳機能マッピングから見る自己/杉浦元亮(Japanese Psychological Review 2014,Vol. 57, No. 3, 279 -301)

東北大学研究シーズ紹介サイト

月例会詳細スケジュール(予定)

日時2018年2月22日(木)14:30~17:05(受付時間14:05~14:25)
会場: 東北大学東京分室(千代田区丸の内1-7-12、サピアタワー10階)

14:05-14:25 受付
14:30-14:35 開始・事務連絡・講師紹介
14:35-15:35 講義(60分)
15:35-15:50 村田特任教授によるアイスブレイク・質疑応答(15分)
15:50-16:00 休憩・企業間名刺交換(10分)
16:00-16:20 グループトーク(20分)
16:20-16:50 グループ別発表と講師によるコメント(30分)
16:50-16:55 総括(5分)
16:55-17:05 事務連絡(10分)
17:05-17:25 講師名刺交換(20分)

出席者ご確認のお願い

  1. 今回ご出席の方は、2月15(木)正午までに下記出欠確認フォームよりご登録ください。
  2. 月例会は同一企業の方であれば、登録1口につき1名様、どなたでも参加可能です。
    連絡担当窓口の方は、どなたかにご出席頂けるよう調整ください。
  3. 出欠のご確認は、出席される方それぞれ個別にお願いいたします。(2口参加企業の場合)
  4. ご入力頂いたメールアドレスあてに入力内容確認のメールが届きます。
    メールアドレスは間違いのないようにご入力ください。
  5. 月例会当日に参加者名簿をお配りします。
    名簿には本出欠確認に基づく「会社名」「氏名」を掲載します。

出欠確認フォーム

必要事項ご入力、出欠を選択のうえ、送信ボタンをクリックしてください。


お名前 (必須)

会社名 (必須)

メールアドレス (必須)

※このアドレスあてに事務局からメールが届きます。正確に入力ください。

次から選択してください(必須)
 月例会 出席欠席

月例会に初参加の方は下記にチェックをいれてください
 初参加

通信欄:事務局への連絡事項がありましたらご入力ください

入力内容はOKですか?
OKなら次にチェックを入れてください


当日受付手順

  1. 受付はサピアタワー3階総合受付そばの「SAC東京受付」で行います。
  2. 受付でお名刺を係の者にご提示いただき、「当日入館カード」をお受け取りください。
  3. 「当日入館カード」をセキュリティゲート入り口でかざし、中にお入りください。
  4. エレベータで10階の「東北大学東京分室」までお越しください。北海道大学東京オフィスの奥になります。
  5. 会場にて、資料一式をお渡しいたします。

当日のお願い

  1. 当日はお名刺を必ずご持参ください。
  2. 月例会受付時間は14:05~14:25です。時間厳守でお願いいたします。
  3. 受付開始時間前および月例会開始後は入場できません。
  4. やむを得ず欠席、遅刻する場合は事前にご連絡ください。
  5. 「当日入館カード」は3階セキュリティゲートから退出の際に返却ください。
  6. セキュリティが厳しいため、受付手順が複雑となりますことを予めご了承ください。

お問合せ先

東北大学スマート・エイジング・カレッジ東京事務局
TEL:03-6225-2546(9:30~17:30、土日、祝日除く)
e-mail:sact@grp.tohoku.ac.jp

サブコンテンツ

このページの先頭へ