開催案内:コースⅠ第9回月例会(12月21日開催)

月例会概要

講義テーマ:酸化ストレス防御と健康

講師本橋ほづみ(もとはしほづみ)教授
所属:東北大学加齢医学研究所 加齢制御研究部門 遺伝子発現制御分野
   スマート・エイジング学際重点研究センター 副センター長
専門生化学・分子生物学
プロフィールこちら

今回の月例会会場は東北大学東京分室(丸の内サピアタワー)です。 お間違えないようお越しください。

講義概要

本橋先生は生化学・分子生物学がご専門で、わが国の酸化ストレス応答研究の第一人者です。

私たちの身体は環境中の毒性を感知し、遺伝子の発現を変化させることによって環境に対して応答・適応しています。

本橋先生は、生体の酸化ストレス応答を担う制御タンパク質Nrf2 が環境ストレスに対する応答を担う転写因子であることを世界に先駆けて発見しました。

最近ではNRF2 の活性が騒音性難聴のなりやすさに関連することを発見し、今後、加齢性難聴の軽減にもつながると期待されています。

今回は酸化とストレス応答、環境適応のメカニズムから、生活環境における様々なストレスから身を守るための食生活の話まで新規ビジネスの発想のヒントになるお話を頂きます。

予習教材

・Keap1-Nef2制御系と疾患の治療戦略/村上昌平 本橋ほづみ(細胞工学 Vol.33 No.7 2014)

月例会詳細スケジュール(予定)

日時2017年12月21日(木)10:00~12:35(受付時間9:35~9:55)
会場: 東北大学東京分室(千代田区丸の内1-7-12、サピアタワー10階)

09:35-09:55 受付
10:00-10:05 開始・事務連絡・講師紹介
10:05-11:05 講義(60分)
11:05-11:20 村田特任教授によるアイスブレイクおよび個別質疑(15分)
11:20-11:30 休憩・企業間名刺交換(10分)
11:30-11:50 グループトーク(20分)
11:50-12:20 グループ別発表と講師によるコメント(30分)
12:20-12:25 総括(5分)
12:25-12:35 事務連絡(10分)
12:35-12:55 終了・講師名刺交換(20分)

出席者ご確認のお願い

  1. 今回ご出席の方は、12月14日(木)正午までに下記出欠確認フォームよりご登録ください。
  2. 月例会は同一企業の方であれば、登録1口につき1名様、どなたでも参加可能です。
    連絡担当窓口の方は、どなたかにご出席頂けるよう調整ください。
  3. 出欠のご確認は、出席される方それぞれ個別にお願いいたします。(2口参加企業の場合)
  4. ご入力頂いたメールアドレスあてに入力内容確認のメールが届きます。
    メールアドレスは間違いのないようにご入力ください。
  5. 月例会当日に参加者名簿をお配りします。
    名簿には本出欠確認に基づく「会社名」「氏名」を掲載します。

出欠確認フォーム

必要事項ご入力、出欠を選択のうえ、送信ボタンをクリックしてください。


お名前 (必須)

会社名 (必須)

メールアドレス (必須)

※このアドレスあてに事務局からメールが届きます。正確に入力ください。

次から選択してください(必須)
 月例会 出席欠席

月例会に初参加の方は下記にチェックをいれてください
 初参加

通信欄:事務局への連絡事項がありましたらご入力ください

入力内容はOKですか?
OKなら次にチェックを入れてください


当日受付手順

  1. 受付はサピアタワー3階総合受付そばの「SAC東京受付」で行います。
  2. 受付でお名刺を係の者にご提示いただき、「当日入館カード」をお受け取りください。
  3. 「当日入館カード」をセキュリティゲート入り口でかざし、中にお入りください。
  4. エレベータで10階の「東北大学東京分室」までお越しください。北海道大学東京オフィスの奥になります。
  5. 会場にて、資料一式をお渡しいたします。

当日のお願い

  1. 当日はお名刺を必ずご持参ください。
  2. 月例会受付時間は9:35~9:55です。時間厳守でお願いいたします。
  3. 受付開始時間前および月例会開始後は入場できません。
  4. やむを得ず欠席、遅刻する場合は事前にご連絡ください。
  5. 「当日入館カード」は3階セキュリティゲートから退出の際に返却ください。
  6. セキュリティが厳しいため、受付手順が複雑となりますことを予めご了承ください。

お問合せ先

東北大学スマート・エイジング・カレッジ東京事務局
TEL:03-6225-2546(9:30~17:30、土日、祝日除く)
e-mail:sact@grp.tohoku.ac.jp

サブコンテンツ

このページの先頭へ