開催案内:コースⅠ第11回月例会(2月22日開催)

月例会概要

講義テーマ:脳内の「報酬系」「罰系」は消費行動にどう影響するか?

講師 筒井 健一郎(つつい けんいちろう)教授
所属:大学院生命科学研究科 脳情報処理分野
専門神経生理学、生理心理学、認知行動神経科学
プロフィールこちら

今回の月例会会場は東北大学東京分室(丸の内サピアタワー)です。 お間違えないようお越しください。

講義概要

脳の中には、好ましいことを受け入れたり、予期したりすることに関わる「報酬系」と、嫌なことを受け入れたり予期したりすることに関わる「罰系」があります。また、これらの働きに深く関わる脳内物質が、ドーパミンやセロトニン等のモノアミンです。

近年、これら「報酬系」「罰系」が、直接的・間接的に「行動」に対して様々な影響を与えていることが明らかになりつつあります。ビジネス現場では消費者の潜在的な消費性向を理解し、購買行動を理解することが不可欠です。そのためには脳内の「報酬系」「罰系」の仕組みを理解することが極めて有用です。

本講義では、複数の消費行動事例を取り上げ、脳の「報酬系」「罰系」が、どのように働くのかを解説します。シニアの消費行動を理解したい方は必聴です。

予習教材

損得勘定する脳:金銭感覚の脳内機構/筒井健一郎(2009年) PDF資料1.9MB

報酬期待の神経科学/筒井健一郎・小山佳(2014年) PDF資料7.5MB

月例会詳細スケジュール(予定)

日時2018年2月22日(木)10:00~12:35(受付時間9:35~9:55)
会場: 東北大学東京分室(千代田区丸の内1-7-12、サピアタワー10階)

09:35-09:55 受付
10:00-10:05 開始・事務連絡・講師紹介
10:05-11:05 講義(60分)
11:05-11:20 村田特任教授によるアイスブレイク・質疑応答(15分)
11:20-11:30 休憩・企業間名刺交換(10分)
11:30-11:50 グループトーク(20分)
11:50-12:20 グループ別発表と講師によるコメント(30分)
12:20-12:25 総括(5分)
12:25-12:35 事務連絡(10分)
12:35-12:55 終了・講師名刺交換(20分)

出席者ご確認のお願い

  1. 今回ご出席の方は、2月15日(木)正午までに下記出欠確認フォームよりご登録ください。
  2. 月例会は同一企業の方であれば、登録1口につき1名様、どなたでも参加可能です。
    連絡担当窓口の方は、どなたかにご出席頂けるよう調整ください。
  3. 出欠のご確認は、出席される方それぞれ個別にお願いいたします。(2口参加企業の場合)
  4. ご入力頂いたメールアドレスあてに入力内容確認のメールが届きます。
    メールアドレスは間違いのないようにご入力ください。
  5. 月例会当日に参加者名簿をお配りします。
    名簿には本出欠確認に基づく「会社名」「氏名」を掲載します。

出欠確認フォーム

必要事項ご入力、出欠を選択のうえ、送信ボタンをクリックしてください。


お名前 (必須)

会社名 (必須)

メールアドレス (必須)

※このアドレスあてに事務局からメールが届きます。正確に入力ください。

次から選択してください(必須)
 月例会 出席欠席

月例会に初参加の方は下記にチェックをいれてください
 初参加

通信欄:事務局への連絡事項がありましたらご入力ください

入力内容はOKですか?
OKなら次にチェックを入れてください


当日受付手順

  1. 受付はサピアタワー3階総合受付そばの「SAC東京受付」で行います。
  2. 受付でお名刺を係の者にご提示いただき、「当日入館カード」をお受け取りください。
  3. 「当日入館カード」をセキュリティゲート入り口でかざし、中にお入りください。
  4. エレベータで10階の「東北大学東京分室」までお越しください。北海道大学東京オフィスの奥になります。
  5. 会場にて、資料一式をお渡しいたします。

当日のお願い

  1. 当日はお名刺を必ずご持参ください。
  2. 月例会受付時間は9:35~9:55です。時間厳守でお願いいたします。
  3. 受付開始時間前および月例会開始後は入場できません。
  4. やむを得ず欠席、遅刻する場合は事前にご連絡ください。
  5. 「当日入館カード」は3階セキュリティゲートから退出の際に返却ください。
  6. セキュリティが厳しいため、受付手順が複雑となりますことを予めご了承ください。

お問合せ先

東北大学スマート・エイジング・カレッジ東京事務局
TEL:03-6225-2546(9:30~17:30、土日、祝日除く)
e-mail:sact@grp.tohoku.ac.jp

サブコンテンツ

このページの先頭へ